日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 怖い病気の予兆  > 死亡リスクの高い脳動脈瘤、「ものが二重に見える」がきっかけで発覚  > 2ページ目

怖い病気の予兆

死亡リスクの高い脳動脈瘤、「ものが二重に見える」がきっかけで発覚

第30回 くも膜下出血を引き起こす脳の動脈のコブとその治療法(前編)

 荒川直樹=科学ライター

脳動脈瘤が破裂し、くも膜下出血をもたらす

 脳動脈瘤は脳の動脈にできたコブのような膨らみだ。最近では、MRIなどによる脳の検査を受ける人が増え、人口の3~5%に存在することも分かってきた。ほとんどの人は、脳動脈瘤があっても健康上の問題はないが、なかにはだんだん大きくなる場合があり、直径が5~7mm以上になったり、それ以下でも形状が悪い場合は突然破裂し、くも膜下出血を起こすリスクが高まる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.