日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 怖い病気の予兆  > 血糖値に注意していたのに… 合併症で「物が二重に見える」  > 3ページ

怖い病気の予兆

血糖値に注意していたのに… 合併症で「物が二重に見える」

第19回 空腹時血糖値の測定だけでは糖尿病を見落とす可能性も

 荒川直樹=科学ライター

回復可能な合併症であるモノニューロパチー

 最も初期に現れる合併症で、研究者によっては予備群の段階でも少しずつ進行していると考えられるのが神経障害だ。手足など、脳から遠く、長い神経の先から異変が起こり、「足裏にジンジンとするしびれがある」「指先の感覚がおかしい」といった症状が起こるが、この段階では神経のミエリン鞘という部分の破壊が進んでおり、治療によって血糖値を下げても回復しないことも多い。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.