日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 怖い病気の予兆  > 朝に手の指がこわばる…「関節リウマチ」を早期発見するには  > 5ページ目

怖い病気の予兆

朝に手の指がこわばる…「関節リウマチ」を早期発見するには

第28回 早期に治療を行えば元通りの生活を送ることも可能

 荒川直樹=科学ライター

 メトトレキサートで炎症を十分に抑えられない場合や、肝機能障害などの副作用で十分な効果を得られない場合は、生物学的製剤を用いる。これは体の免疫システムが関節の滑膜という部分を攻撃するときに出される物質(TNF-αやIL-6など)を標的とした医薬品で、これまでに10種類以上の薬剤が登場した。最近では、注射薬である生物学的製剤と同等の効果を有するJAK阻害薬という新しい経口薬も使われるようになっている。関節リウマチの治療では、これらの薬剤の効果を3カ月ごとに評価し、患者に最適な薬剤を選ぶことで治療成績を高めてきた。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.