日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 怖い病気の予兆  > 「下痢が多い」「便に血が…」働き盛りを襲う潰瘍性大腸炎が急増中!
印刷

怖い病気の予兆

「下痢が多い」「便に血が…」働き盛りを襲う潰瘍性大腸炎が急増中!

第26回 大腸がんのリスクを高める難病は早期発見がカギ

 荒川直樹=科学ライター

私たちの体は異変を生じたとき、さまざまなサインを発する。それは、痛み、吐き気、出血などの自覚症状のこともあれば、健康診断の検査結果に表れることもある。このような体から得られる情報をどう理解するかが健康を守るために重要だ。今回は、働き盛りの世代に増えている「潰瘍性大腸炎」について。

Episode 「お腹が弱い」のは原因不明の難病が原因だった!

写真はイメージ (c)twinsterphoto-123RF
写真はイメージ (c)twinsterphoto-123RF

 古沢篤彦さん(仮名:29歳)は、大学時代にテニス部の主将を務めるなど体力には自信があったが、唯一の弱点はお腹が弱いことだった。

 大学を卒業し広告代理店に就職したときも、配属されてから下痢気味になり、1日に何回もトイレに駆け込むことに。配属6日目には便のなかに赤い血の塊があるのに気づき、受診したクリニックで内視鏡検査を受けることを勧められたが、翌日には下痢が止まったこともあり、深く考えずに検査は見送った。

 その後もよく下痢は起こしたが、「ビールの飲み過ぎかな」くらいに考えていたという。

 古沢さんのお腹に再び異変が起こったのは、29歳のときだ。営業チームのリーダーに抜擢され仕事量が激増。すると、強い便意で1日に5回以上もトイレに駆け込むようになった。便は軟らかく、ときに白い粘液状のものが出ることもあった。1週間後には食欲も低下。さらに、粘液状の便にドロっとした血液が混ざるようになり、もはや限界だった。

 かかりつけ医の紹介で受診した大学病院で、血液検査と大腸内視鏡検査を受けた結果、主治医が告げた病名は「潰瘍性大腸炎」。大腸の粘膜に炎症が起こる病気だが、古沢さんの場合は直腸から結腸(大腸)の左半分の粘膜に炎症が広がっており、すでに「中等症」と診断された。

 難しい説明はよく覚えていないが、頭に残っていたのは「原因不明の難病で完治することはない」ということと、「炎症が続くことで大腸がんのリスクが高まる」ということだった。入社時にすでに発症していたと考えると、これからは「がんの不安」を抱えながら難病と戦わなければならないのだった。

 落ち込む古沢さんに主治医は「心配することはありませんよ。近年、潰瘍性大腸炎の治療薬が増え、適切な治療を続けることで日常生活を取り戻すことができます。腸の炎症を調べるために定期的な内視鏡検査を行いますので、大腸がんも早い段階で見つけることができます」と話してくれた。

 古沢さんは、「これからは、この病気とうまく付き合っていこう」と気持ちを切り替えた。潰瘍性大腸炎は炎症が悪化しさまざまな症状が出る「活動期」と症状が安定し日常生活にほとんど支障がなくなる「寛解期」を繰り返す病気だが、古沢さんは、1カ月ほどの治療で寛解。営業チームのリーダーとしての手腕を十二分に発揮している。

※ 取材をもとに、実際にあったケースから創作したエピソードです。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.