日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 怖い病気の予兆  > 禁煙しても将来“タバコ病”に… 命を奪うCOPDを早期発見するには?  > 3ページ

怖い病気の予兆

禁煙しても将来“タバコ病”に… 命を奪うCOPDを早期発見するには?

第14回 40代で早期に発見できれば、日常生活に支障なく天寿を全うできる

 荒川直樹=科学ライター

低線量CTの登場で早期COPDの「目星」がつくように

 COPDでは、このもっとも重要な早期発見が難しい。COPDの診断はスパイロメーターという測定機器を用いた検査で行われる。この検査は、最大限に息を吸えるだけ吸い、吸った息を思い切り吐き出した空気の最大量(努力肺活量)と、最初の1秒間ではき出せる空気の量(1秒量)を測定。1秒量を努力肺活量で割った数字である1秒率を割り出す。この1秒率が70%未満の場合は、COPDの可能性があるというわけだ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.