日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 怖い病気の予兆  > 海外赴任で見逃した怖い腎臓病、治療はどうなる?  > 2ページ目

怖い病気の予兆

海外赴任で見逃した怖い腎臓病、治療はどうなる?

第34回 IgA腎症の症状とその治療法(前編)

 荒川直樹=科学ライター

腎機能低下をもたらす腎炎の約40%はIgA腎症

 腎臓は血液中の老廃物を除去し、おしっこを作り出す臓器だ。腎臓には毛細血管のかたまりである糸球体が200万個も集まりろ過装置としての役割を果たしている。そして、糸球体の毛細血管が傷つくなどして少しずつ腎機能が低下していく病気が慢性腎臓病(CKD)。進行すると腎不全を起こし、透析療法が必要となる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り2338文字 / 全文3646文字

この記事の概要

腎臓・腎機能
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.