日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 怖い病気の予兆  > 脂肪肝だと侮っていたらいきなり「肝がん」に!?  > 3ページ

怖い病気の予兆

脂肪肝だと侮っていたらいきなり「肝がん」に!?

第23回 肝臓の硬さを検査し、なるべく早期に発見を!

 荒川直樹=科学ライター

振動で肝臓全体の硬さを画像化するMRIも登場

 より高精度の検査を行うために基幹病院や大学病院の肝臓を専門的に診る診療科(消化器内科など)で導入されているのが「MRIエラストグラフィ」という検査だ。これはMRI検査時にパッシブドライバーという装置で肝臓をブルブル震わせ、振動(弾性波)が通過する様子を測定し、部位ごとに硬さを調べる。これをMRI画像と重ねることで、肝臓のどの領域が固くなっているかを可視化(柔らかい部分は青、硬いと赤など)し、NASHの状態を正確に見極めることができるのと同時に、小さながんを見つけることもできる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.