日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 怖い病気の予兆  > 腰痛だと思っていたら、命に関わる血管の病気「大動脈瘤」  > 3ページ

怖い病気の予兆

腰痛だと思っていたら、命に関わる血管の病気「大動脈瘤」

第22回 破裂すると9割死亡! 「大動脈瘤」は加齢とともに大きくなる

 荒川直樹=科学ライター

 もし検査で大動脈瘤が発見されたら、冷静にリスクを見極めることが大切だ。大木氏は「大動脈瘤の外科治療には一定のリスクがあります。そのリスクと破裂リスクを勘案して判断することになります」と話す。診療ガイドラインでは、男性の場合、動脈瘤の直径が5.5cm、女性で5.0cm以上が積極的な治療の対象となる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

腰痛
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.