日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

BODY CARE あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

 「健康Q&A」では、医師や研究者、アスリート、トレーナーなど、健康・医療のエキスパートの方々が月替わりで登場! あなたの疑問やお悩みに答えます。

 日ごろから疑問に思っていること、もっと知りたいと思ったことなど、ぜひこの機会にご質問をお寄せください!

コレステロール・中性脂肪対策に詳しい、横手幸太郎先生が登場!

 2021年6月の回答者は、コレステロール・中性脂肪対策に詳しい、千葉大学大学院教授の横手幸太郎先生です!

 コレステロールや中性脂肪の血液中の値が基準値から外れた状態を指す「脂質異常症」。この状態を放置すると血管が傷ついて動脈硬化が進行し、脳や心臓の大きな病気のリスクが高まります。横手先生は脂質異常症、糖尿病などを専門とする医師で、コレステロールや中性脂肪対策に関する著書も多く、『動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診療ガイド2018年版』作成の副委員長も務められました。

横手幸太郎(よこて こうたろう)さん
千葉大学大学院医学研究院 内分泌代謝・血液・老年内科学 教授
1988年千葉大学医学部医学科卒業。96年スウェーデン国立ウプサラ大学大学院博士課程修了、98年千葉大学大学院博士課程修了(医学博士)。2009年より同大大学院教授。20年より千葉大学医学部附属病院長、千葉大学副学長。

『最新版 千葉大学医学部附属病院が教える毎日おいしいコレステロール・中性脂肪対策レシピ311』(学研プラス)、『最新版 今すぐできる! コレステロールを下げる40のルール (健康図解)』(Gakken)など著書・監修書多数。NHK「きょうの健康」の動脈硬化やコレステロールの回にも登場している。日本内科学会(理事、関東支部代表)、日本動脈硬化学会(理事)。

 コレステロールや中性脂肪の値が気になる方、脂質異常症について知りたいことがある方など、この貴重な機会に横手先生に質問してみませんか? 回答記事は2021年6月に掲載いたします。

【質問例】
・コレステロールの値、どうすれば正常化しますか?
・母がコレステロールの薬を服用しています。遺伝しないかと心配です。
・中性脂肪が高いと言われましたが、薬を飲んだ方がいいですか?
・食事に気をつけても中性脂肪の数値がなかなか改善しません。どうすればいいでしょう。
・脂質異常症は、そのまま放置するとどうなりますか?

 横手幸太郎先生への質問はこちらからどうぞ↓↓↓ (質問募集期間:2021年4月20日~5月18日)※都合により募集終了が早まることもございます。あらかじめご了承ください。



!ご注意!

  • 質問はどなたでも可能ですが、回答記事を閲覧できるのは、日経Goodayマイドクター会員(有料会員)のみです。マイドクター会員についての詳細は、こちらをご覧ください。
  • 「あなたの症状に合う薬は〇〇です」など、医師の診断行為に該当するような個別・具体的な回答はできません。また、寄せられた質問のすべてに回答する企画ではございませんのであらかじめご了承ください。
  • 医師・看護師などの専門家に直接健康相談をしたい方は、24時間365日ご利用できる、「日経Goodayマイドクター 電話相談24」をご利用ください。ご利用できるのは、日経Goodayマイドクター会員に限られます。

 「日経Goodayマイドクター 電話相談24」のご案内ページはこちら

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

1/9 page

最後へ

次へ

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.