日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

BODY CARE あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

 「健康Q&A」では、医師や研究者、アスリート、トレーナーなど、健康・医療のエキスパートの方々が月替わりで登場! あなたの疑問やお悩みに答えます。

 日ごろから疑問に思っていること、もっと知りたいと思ったことなど、ぜひこの機会にご質問をお寄せください!

「脳の機能」の高め方など、脳の健康に詳しい瀧靖之先生が登場!

 2021年2月の回答者は、幼児から大人まで、実に16万人もの脳のMRI画像を読影・解析してきた脳医学者で、認知症予防の研究に力を入れている、東北大学加齢医学研究所教授の瀧靖之先生です!

 「脳の機能は加齢によって衰えるもの」「脳の老化は止められないもの」。そう思っている人は多いでしょう。確かに、加齢による脳の変化は避けられない事実ではありますが、その一方で、脳の機能はいくつになっても高められることが近年分かってきた、と瀧先生は言います。

瀧靖之(たき やすゆき)さん
東北大学加齢医学研究所教授
医師。医学博士。東北大学スマート・エイジング学際重点研究センターおよび東北大学加齢医学研究所 機能画像医学研究分野教授。

東北大学医学部卒業、東北大学大学院医学系研究科博士課程修了。脳のMRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを明らかにする研究者として活躍。

読影や解析をした脳のMRI画像は、これまでに16万人に上る。10万部を超えたベストセラー『生涯健康脳』(ソレイユ出版)、『脳が目覚めるたった1つの習慣』(かんき出版)など著書多数。

 瀧先生にご協力いただいた日経Goodayの特集「脳医学者が指南!オトナの『脳力』の高め方」は、おかげさまで大変多くの方に読まれました。

 上記の特集記事を読んで疑問に思ったことがある方はもちろん、脳の機能の高め方や健康な脳を維持する方法について知りたいことがある方、記憶力や集中力の低下、イライラ、うつっぽさなど、脳に関係しそうな気になることがある方は、この貴重な機会に瀧先生に質問してみませんか? 回答記事は2021年2月に掲載いたします。

【質問例】
・人の顔や名前をなかなか覚えられません。覚えるコツはありますか?
・机に向かってもすぐに集中できません。集中力の高め方を教えてください。
・在宅勤務で、オンとオフの切り替えがうまくできません。よい方法はありますか?
・子供の脳の成長のためにはどんなことを心掛ければいいですか?
・ゲームのし過ぎは頭に良くないのでしょうか?
・怒りっぽいのをどうにかしたいのですが、どうすればいいでしょうか。
・認知症予防のため、食生活で気を付けるべきことはどんなことですか?

 瀧靖之先生への質問はこちらからどうぞ↓↓↓(質問募集期間:2020年12月23日~2021年1月22日)



!ご注意!

  • 質問はどなたでも可能ですが、回答記事を閲覧できるのは、日経Goodayマイドクター会員(有料会員)のみです。マイドクター会員についての詳細は、こちらをご覧ください。
  • 「あなたの症状に合う薬は〇〇です」など、医師の診断行為に該当するような個別・具体的な回答はできません。また、寄せられた質問のすべてに回答する企画ではございませんのであらかじめご了承ください。
  • 医師・看護師などの専門家に直接健康相談をしたい方は、24時間365日ご利用できる、「日経Goodayマイドクター 電話相談24」をご利用ください。ご利用できるのは、日経Goodayマイドクター会員に限られます。

 「日経Goodayマイドクター 電話相談24」のご案内ページはこちら

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

1/8 page

最後へ

次へ

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.