日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

BODY CARE あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

 「健康Q&A」では、医師や研究者、アスリート、トレーナーなど、健康・医療のエキスパートの方々が月替わりで登場! あなたの疑問やお悩みに答えます。

 日ごろから疑問に思っていること、もっと知りたいと思ったことなど、ぜひこの機会にご質問をお寄せください!

痛風・尿酸値に詳しい久留一郎先生が登場!

 2022年2月の回答者は、痛風や尿酸値に詳しい、国立病院機構米子医療センター特命副院長の久留一郎先生です!

 「風が吹いても痛い」ともいわれる「痛風」は誰もが避けたい病気の代表格です。その原因が尿酸であることは広く知られていますが、尿酸値が高くても何の自覚症状もないため、放置している人が少なくありません。しかし、近年の研究から、尿酸は、痛風のみならず、様々な疾患の原因となることが明らかになってきています。

 そこで今回は、痛風に悩んでいる、尿酸値がなかなか下がらない、治療開始のタイミングに迷っているなど、尿酸値・痛風に関する皆様の質問や相談を募集いたします。

久留一郎(ひさとめ いちろう)さん
国立病院機構米子医療センター特命副院長/鳥取大学医学部ゲノム再生医学講座再生医療学分野特任教授
鳥取大学医学部・鳥取大学大学院卒。医学博士。米ノースウエスタン大学医学校内科循環器科研究員、米ペンシルバニア大学分子内科研究員、鳥取大学医学部講師、同助教授などを経て、2003年に鳥取大学大学院医学系研究科再生医療学分野教授に就任。2021年10月より国立病院機構米子医療センター特命副院長。鳥取大学医学部ゲノム再生医学講座再生医療学分野特任教授。

学生時代より尿酸代謝について研究を行い、特に高血圧など生活習慣病と高尿酸血症・痛風の合併に詳しい。2018年末に発行された『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第3版』では改訂委員長を務めたほか、『高血圧治療ガイドライン2019』でもリエゾン委員を務めている。

 『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第3版』の改訂委員長も務めた久留先生に、この機会に質問してみませんか? 回答記事は2022年2月に掲載いたします。

【質問例】
・尿酸値を下げるために、まず取り組むべきことは何ですか?
・朝起きると足の親指がピリピリと痛むのですが、痛風でしょうか?
・痛風になってから治療を始めるのでは遅いですか?
・尿酸値が9mg/dLを超えてしまいました。お酒はやはりやめた方がいいでしょうか?
・尿酸値を下げる薬を飲むと、痛風以外の病気も防げるのですか?

 久留一郎先生への質問はこちらからどうぞ↓↓↓(質問募集期間:2022年1月4日~1月21日)※都合により募集終了が早まることもございます。あらかじめご了承ください。



!ご注意!

  • 質問はどなたでも可能ですが、回答記事を閲覧できるのは、日経Goodayマイドクター会員(有料会員)のみです。マイドクター会員についての詳細は、こちらをご覧ください。
  • 「あなたの症状に合う薬は〇〇です」など、医師の診断行為に該当するような個別・具体的な回答はできません。また、寄せられた質問のすべてに回答する企画ではございませんのであらかじめご了承ください。
  • 医師・看護師などの専門家に直接健康相談をしたい方は、24時間365日ご利用できる、「日経Goodayマイドクター 電話相談24」をご利用ください。ご利用できるのは、日経Goodayマイドクター会員に限られます。

 「日経Goodayマイドクター 電話相談24」のご案内ページはこちら

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

1/11 page

最後へ

次へ

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.