日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

BODY CARE あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

 「健康Q&A」では、医師や研究者、アスリート、トレーナーなど、健康・医療のエキスパートの方々が月替わりで登場! あなたの疑問やお悩みに答えます。

 日ごろから疑問に思っていること、もっと知りたいと思ったことなど、ぜひこの機会にご質問をお寄せください!

おならやおなかのハリ・痛みに詳しい大毛宏喜先生が登場!

 2021年9月の回答者は、おならやおなかのハリ・痛みといった下腹部の不快な症状から、潰瘍性腸疾患や大腸がんなど、腸全般の不調や病気について詳しい、広島大学病院教授の大毛宏喜先生です!

 おならやおなかのハリの主な原因は、腸内で発生するガス。病気とは関係ないと思うかもしれませんが、近年、腸や腸内細菌の研究が進むとともに、腸内のガスが病気や寿命にも関係するかもしれないということがわかってきました。消化器外科医である大毛先生は、そういった腸内ガスと病気の関係に着目して研究を進めてきた「おなら博士」です。

大毛宏喜(おおげ ひろき)さん
広島大学病院 感染症科教授
 1991年、広島大学医学部を卒業。専門は下部消化管外科と感染症。留学した米国ミネソタ大学で、「世界のおなら博士」として有名なレビット博士と出会い、おならが臭いほど潰瘍性大腸炎の症状が重くなることなどを研究で証明。米国大腸外科学会の2004年の総会で表彰される。

 おなら研究がきっかけで消臭繊維の商品開発にも従事する日本の「おなら博士」。 炎症性腸疾患や大腸がんなど、下部消化管疾患全般に詳しい。

 日本消化器外科学会 消化器外科指導医、日本大腸肛門病学会 大腸肛門病指導医。

 なかなか人には聞きづらいおならについて知りたいことがある方、おなかのハリ、痛みなどなど下腹部の気になる症状がある方は、この貴重な機会に大毛先生に質問してみませんか? 回答記事は2021年9月に掲載いたします。

【質問例】
・加齢とともに人前でおならを我慢できない時が増えた。なぜでしょう?
・以前よりもおならの回数が増えた。健康な場合のおならの回数の目安は?
・おならが多くて人前に出られない。減らす方法は?
・おならが臭いのは病気のサイン?
・おなかが張っていますが、おならや便を出しても解消しない。原因と対策は?
・おなかが張り、キリキリとした痛みや下痢、便秘がある。受診すべき?
・冷たい飲み物を飲むとおならが出るのですが…

 大毛宏喜先生への質問はこちらからどうぞ↓↓↓(質問募集期間:2021年7月29日~8月20日)



!ご注意!

  • 質問はどなたでも可能ですが、回答記事を閲覧できるのは、日経Goodayマイドクター会員(有料会員)のみです。マイドクター会員についての詳細は、こちらをご覧ください。
  • 「あなたの症状に合う薬は〇〇です」など、医師の診断行為に該当するような個別・具体的な回答はできません。また、寄せられた質問のすべてに回答する企画ではございませんのであらかじめご了承ください。
  • 医師・看護師などの専門家に直接健康相談をしたい方は、24時間365日ご利用できる、「日経Goodayマイドクター 電話相談24」をご利用ください。ご利用できるのは、日経Goodayマイドクター会員に限られます。

 「日経Goodayマイドクター 電話相談24」のご案内ページはこちら

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

1/10 page

最後へ

次へ

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.