日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

BODY CARE あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

 「健康Q&A」では、日経Goodayの連載や特集でおなじみの医師や研究者、アスリート、トレーナーなど、健康・医療のエキスパートの方々が月替わりで登場! あなたの疑問やお悩みに答えます。

 記事を読んで疑問に思ったこと、もっと知りたいと思ったことなど、ぜひこの機会にご質問をお寄せください!

整形外科医でカイロプラクターの竹谷内康修先生が答えます!

 2018年10月の回答者は、連載「自分で治す!からだの痛み」でもおなじみ、整形外科医でカイロプラクターの竹谷内康修先生です!

竹谷内 康修(たけやち・やすのぶ)さん
整形外科医・カイロプラクター 竹谷内医院院長
 2000年、東京慈恵会医科大学卒業。福島県立医科大学、米ナショナル健康科学大学を経て、2007年に東京駅の近くにカイロプラクティックを主体とした手技療法専門のクリニック(現・竹谷内医院)を開設。
 福島県立医科大学では整形外科学講座に所属し、腰痛治療の第一人者である菊地臣一氏(前・福島県立医科大学長)に師事。米ナショナル健康科学大学ではカイロプラクティックの学位(Doctor of Chiropractic)を取得した。
 著書に『腰痛を根本から治す』(宝島社、2013)
自分で治す! 脊柱管狭窄症』(洋泉社、2015)
自分で治す! 変形性膝関節症』(洋泉社、2016)
自分で治す! 頸椎症』(洋泉社、2018)など。

 腰痛や肩こり、首や膝の痛みといった「整形外科的な痛み」に悩んでいる人は多いと思います。こうした痛みの多くは、原因がはっきり特定できず、再発しやすいもの。脊柱菅狭窄症や変形性膝関節症、頸椎症なども同様に、痛みを治すには、座り方や姿勢などの生活習慣を見直す必要があります。

 気になる症状がある方、思ったように痛みが改善しない方、予防法が知りたい方など、ぜひこの機会に質問をお寄せください。

【質問例】
・階段の上り下りのときに膝が痛みます。また、O脚が以前よりひどくなってきたような気もします。どうすればいいでしょうか?
・家族に「姿勢が悪い。猫背になっている」と指摘されました。姿勢をよくするストレッチはありますか?

 人気クリニック院長の竹谷内先生に質問ができる貴重なチャンスです! この機会にぜひご質問をお寄せください。回答は2018年10月に掲載いたします。


 竹谷内先生への質問はこちらからどうぞ↓↓↓(質問募集期間:2018年9月3日~21日)



竹谷内先生が登場する主な記事

連載竹谷内康修の「自分で治す!からだの痛み」


!ご注意!

  • 質問はどなたでも可能ですが、回答記事を閲覧できるのは、日経Goodayマイドクター会員(有料会員)のみです。マイドクター会員についての詳細は、こちらをご覧ください。
  • 「あなたの症状に合う薬は〇〇です」など、医師の診断行為に該当するような個別・具体的な回答はできません。また、寄せられた質問のすべてに回答する企画ではございませんのであらかじめご了承ください。
  • 医師・看護師などの専門家に直接健康相談をしたい方は、24時間365日ご利用できる、「日経Goodayマイドクター 電話相談24」をご利用ください。ご利用できるのは、日経Goodayマイドクター会員に限られます。

 「日経Goodayマイドクター 電話相談24」のご案内ページはこちら

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

1/2 page

最後へ

次へ

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.