日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

BODY CARE あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

 「健康Q&A」では、日経Goodayの連載や特集でおなじみの医師や研究者、アスリート、トレーナーなど、健康・医療のエキスパートの方々が月替わりで登場! あなたの疑問やお悩みに答えます。

 記事を読んで疑問に思ったこと、もっと知りたいと思ったことなど、ぜひこの機会にご質問をお寄せください!

「ロカボ」の提唱者で、糖尿病専門医の山田悟先生が登場!

 2019年2月の回答者は、連載「“ロカボ”山田悟の糖質制限の誤解」でもおなじみ、北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生です!

 近年、緩やかな糖質制限を示す「ロカボ」という言葉が定着しつつあります。今、ダイエットのため、それに血糖値対策のためにロカボを実践している人も多くいらっしゃると思います。ロカボを提唱したのが、糖尿病専門医(北里大学北里研究所病院糖尿病センター長)で、食・楽・健康協会の代表理事を務める山田悟先生です。

山田 悟(やまだ さとる)さん
食・楽・健康協会代表理事 北里大学北里研究所病院糖尿病センター長
 1970年東京都生まれ。日本糖尿病学会糖尿病専門医。日々、多くの患者と向き合いながら、食べる喜びが損なわれる糖尿病治療においていかにQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を上げていけるかを研究する。2013年に、一般社団法人「食・楽・健康協会」を立ち上げる。
 『糖質制限の真実』(幻冬舎)、『おいしく、楽しく食べて、健康に ロカボバイブル』(幻冬舎)、『カロリー制限の大罪』(幻冬舎)、『糖質制限完全マニュアル 血糖値が安定すればやせられる』(文藝春秋)ほか著書多数。

 連載記事を読んで疑問に思ったこと、もっと知りたいと思ったことなど、あなたの疑問やお悩みを、山田先⽣に聞いてみませんか?

【質問例】
〇食後高血糖(血糖値スパイク)が心配です。どうすればわかるのでしょうか?
〇ロカボは糖質制限と何が違うのですか? 糖質は減らせば減らすほどいいのですか?
〇体にいいという全粒穀物なら減らさなくてOKですか?
〇血糖値が高めで、健診でも注意されました。お酒は飲んでも大丈夫ですか?
〇血糖値が高いのですが、運動もしたほうがいいいでしょうか? 山田先生が実践している運動は?

 メディアにも多数出演する山田先生に質問ができる貴重なチャンスです! この機会にぜひご質問をお寄せください。回答は2019年2月に掲載いたします。


 山田先生への質問はこちらからどうぞ↓↓↓(質問募集期間:2019年1月4日~16日)




!ご注意!

  • 質問はどなたでも可能ですが、回答記事を閲覧できるのは、日経Goodayマイドクター会員(有料会員)のみです。マイドクター会員についての詳細は、こちらをご覧ください。
  • 「あなたの症状に合う薬は〇〇です」など、医師の診断行為に該当するような個別・具体的な回答はできません。また、寄せられた質問のすべてに回答する企画ではございませんのであらかじめご了承ください。
  • 医師・看護師などの専門家に直接健康相談をしたい方は、24時間365日ご利用できる、「日経Goodayマイドクター 電話相談24」をご利用ください。ご利用できるのは、日経Goodayマイドクター会員に限られます。

 「日経Goodayマイドクター 電話相談24」のご案内ページはこちら

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

1/3 page

最後へ

次へ

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.