日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

BODY CARE あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

 「健康Q&A」では、日経Goodayの連載や特集でおなじみの医師や研究者、アスリート、トレーナーなど、健康・医療のエキスパートの方々が月替わりで登場! あなたの疑問やお悩みに答えます。

 記事を読んで疑問に思ったこと、もっと知りたいと思ったことなど、ぜひこの機会にご質問をお寄せください!

テレビ、雑誌などでおなじみの池谷敏郎先生が答えます!

 2018年11月の回答者は、“血管の名医”としてテレビでもおなじみの池谷敏郎先生(池谷医院院長)です!

池谷敏郎(いけたに としろう)さん
循環器専門医 池谷医院院長
“血管の名医”として『世界一受けたい授業』(NTV系)などテレビにも数多く出演。『血管を強くして突然死を防ぐ!』(すばる舎)、『人は血管から老化する』(青春新書プレイブックス)、『血管の名医が教える 15歳若返る習慣』(三笠書房)など著書も多く手がける。1962年生まれ。88年、東京医科大学医学部卒業後、同大学病院第二内科に入局。97年より現職。東京医科大学循環器内科客員講師。日本内科学会認定総合内科専門医。日本循環器学会循環器専門医。

 よく「人は血管から老化する」といわれます。脳や心臓などをはじめとした臓器や筋肉は、血液中に含まれる酸素や栄養が届くことで機能します。血管の血管が老化すると、その影響は全身に及びます。逆に言えば、血管を若く保てれば、全身の老化を防ぎ、若さを保つことにつながるのです。

 では、具体的にどんなことをすれば血管を若く保てるのか、多くの人が気になるところだ思います。また、これからの寒い季節は、心筋梗塞や脳梗塞などを発症する人も増えます。こういった循環器病には日々の生活習慣も密接に関係しています。

 血管の若さの保つ食生活や運動、心臓・血管など循環器系の病気の予防法について、あなたの疑問やお悩み、もっと知りたいと思ったことなどを池谷先⽣に聞いてみませんか?

【質問例】
・血管を若く保つにはどんな食事をすればいいのでしょうか?
・自分の「血管力」や「血管年齢」はどうすれば分かるのでしょうか。
・池谷先生はどんな運動を実践しているのですか?
・冬に向けて、心臓・血管にやさしい「お風呂の入り方」を教えてください。

 人気クリニック院長の池谷先生に質問ができる貴重なチャンスです! この機会にぜひご質問をお寄せください。回答は2018年11月に掲載いたします。


※池谷先生への質問は10月15日で受付を締め切りました。ご協力ありがとうございました。



!ご注意!

  • 質問はどなたでも可能ですが、回答記事を閲覧できるのは、日経Goodayマイドクター会員(有料会員)のみです。マイドクター会員についての詳細は、こちらをご覧ください。
  • 「あなたの症状に合う薬は〇〇です」など、医師の診断行為に該当するような個別・具体的な回答はできません。また、寄せられた質問のすべてに回答する企画ではございませんのであらかじめご了承ください。
  • 医師・看護師などの専門家に直接健康相談をしたい方は、24時間365日ご利用できる、「日経Goodayマイドクター 電話相談24」をご利用ください。ご利用できるのは、日経Goodayマイドクター会員に限られます。

 「日経Goodayマイドクター 電話相談24」のご案内ページはこちら

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

1/2 page

最後へ

次へ

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.