日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

BODY CARE あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

 「健康Q&A」では、日経Goodayの連載や特集でおなじみの医師や研究者、アスリート、トレーナーなど、健康・医療のエキスパートの方々が月替わりで登場! あなたの疑問やお悩みに答えます。

 記事を読んで疑問に思ったこと、もっと知りたいと思ったことなど、ぜひこの機会にご質問をお寄せください!

「血圧」に詳しい、渡辺尚彦先生が登場!

 2020年8月の回答者は、前東京女子医科大学東医療センター内科教授の渡辺尚彦先生です!

 渡辺先生は、30年以上も血圧計を着用し、自身の血圧を測り続ける血圧のエキスパート。高血圧改善のためのポイントを「渡辺式血圧を低下10カ条」にまとめたり、「渡辺式血圧を低下音頭」をつくったりするなど、親しみやすく、分かりやすい指導で知られています。

渡辺尚彦(わたなべ よしひこ)さん
前東京女子医科大学東医療センター内科教授・日本歯科大学附属病院内科臨床教授
1978年聖マリアンナ医科大学医学部卒業、1984年同大学院博士課程修了。1995年ミネソタ大学時間生物学研究所客員助教授として渡米。専門は高血圧を中心とする循環器内科。


『ズボラでも血圧がみるみる下がる49の方法』(アスコム)、『血液循環の専門医が見つけた 押すだけで体じゅうの血がめぐる長生きスイッチ』(サンマーク出版)、『血圧を下げる最強の方法』(アスコム)ほか著書多数。

 「健康診断などで高血圧を指摘され、気になっているけれど放置している」という方は少なくないでしょう。「高血圧はそもそもなぜいけないのか分からない」「なかなか思うように血圧が下がらない」という方もいるかもしれません。また、低血圧でお悩みの方もいるでしょう。血圧に関する悩み・疑問をお持ちの方は、この貴重な機会に渡辺尚彦先生に質問してみませんか? 回答記事は2020年8月に掲載いたします。

【質問例】
・高血圧の人は新型コロナで重症化しやすいというのは本当?
・高血圧の基準が変わったと聞いたけれど、何が変わった?
・そもそもなぜ血圧が高いといけないのか?
・血圧を下げるために身に付けたい生活習慣は?
・手っ取り早く高血圧を治すにはどうすればいい?
・降圧剤は一生飲み続けなければならない?副作用は?


 渡辺先生への質問はこちらからどうぞ↓↓↓(質問募集期間:2020年6月23日~7月16日)




!ご注意!

  • 質問はどなたでも可能ですが、回答記事を閲覧できるのは、日経Goodayマイドクター会員(有料会員)のみです。マイドクター会員についての詳細は、こちらをご覧ください。
  • 「あなたの症状に合う薬は〇〇です」など、医師の診断行為に該当するような個別・具体的な回答はできません。また、寄せられた質問のすべてに回答する企画ではございませんのであらかじめご了承ください。
  • 医師・看護師などの専門家に直接健康相談をしたい方は、24時間365日ご利用できる、「日経Goodayマイドクター 電話相談24」をご利用ください。ご利用できるのは、日経Goodayマイドクター会員に限られます。

 「日経Goodayマイドクター 電話相談24」のご案内ページはこちら

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&Aの記事をもっと見る

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.