日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

BODY CARE あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

 「健康Q&A」では、医師や研究者、アスリート、トレーナーなど、健康・医療のエキスパートの方々が月替わりで登場! あなたの疑問やお悩みに答えます。

 日ごろから疑問に思っていること、もっと知りたいと思ったことなど、ぜひこの機会にご質問をお寄せください!

胃の不調に詳しい鈴木秀和先生が登場!

 2021年4月の回答者は、東海大学医学部の鈴木秀和先生です。慶應義塾大学病院消化器内科、北里研究所病院消化器科などで診療現場に立つ傍ら、ピロリ菌感染による胃粘膜傷害や胃がん発症のメカニズム解明、ピロリ菌以外の胃内細菌と胃がんや胃MALTリンパ腫発症のメカニズム解明などの研究に携わってきました。

 鈴木先生にはこれまでに、腹痛、胃もたれ、胸焼け、胃がん、機能性ディスペプシアなど、胃の様々な不調や病気について日経Goodayで解説していただきました。

鈴木秀和(すずき ひでかず)さん
鈴木秀和(すずき ひでかず)さん
東海大学医学部医学科 内科学系消化器内科学 領域主任教授
1993年、慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程修了。2019年より東海大学医学部医学科内科学系消化器内科学教授および、同付属病院臨床研修部部長、同大学院医学研究科先端医科学専攻教授などを兼任。2020年より現職。

2012年、ピロリ菌感染から胃がんが発症する直接的関係を初めて解明。内視鏡では分からない機能性消化管障害の概念や診断・治療法について研究しており、国際的に権威のある「ローマ基準」を作るRome委員会では3人の日本人委員の1人として、ローマIV基準、特にFDの項目の作成に参加した。

 この1年間、コロナ禍の影響で、ちょっとした胃の不調での受診をためらっていたり、健康診断や人間ドックなどの検診を控えてしまったり……という人も少なくないでしょう。ぜひこの機会に、胃の不調や病気について知りたいこと、相談したいこと、下記にある鈴木先生が登場する記事を読んで疑問に思ったことなどを、鈴木先生に質問してみませんか?

 回答記事は2021年4月に掲載いたします。

【質問例】
・お酒を飲むと胃がきゅーっと痛くなります。悪い病気の予兆でしょうか
・毎朝、胃の上あたりがキリキリと痛みます
・脂っこいものを食べるとムカムカするのは普通のことですか?
・食べたあと、いつまでも胃の中に食べ物が残っている気がします
・検査でピロリ菌陽性でした。胃はキレイらしいのですが、除菌は必要ですか?
・家族にピロリ菌陽性の人がいる場合は、ほかの家族も検査すべきでしょうか


 鈴木秀和先生への質問はこちらからどうぞ↓↓↓(質問募集期間:2020年2月26日~2021年3月23日)



鈴木秀和先生が登場する記事

!ご注意!

  • 質問はどなたでも可能ですが、回答記事を閲覧できるのは、日経Goodayマイドクター会員(有料会員)のみです。マイドクター会員についての詳細は、こちらをご覧ください。
  • 「あなたの症状に合う薬は〇〇です」など、医師の診断行為に該当するような個別・具体的な回答はできません。また、寄せられた質問のすべてに回答する企画ではございませんのであらかじめご了承ください。
  • 医師・看護師などの専門家に直接健康相談をしたい方は、24時間365日ご利用できる、「日経Goodayマイドクター 電話相談24」をご利用ください。ご利用できるのは、日経Goodayマイドクター会員に限られます。

 「日経Goodayマイドクター 電話相談24」のご案内ページはこちら

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

1/8 page

最後へ

次へ

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈NEW

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.