日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 久野教授の「カラダの強化書」  > リタイア前からの「社会参加」が健康寿命を左右する!  > 2ページ

久野教授の「カラダの強化書」

リタイア前からの「社会参加」が健康寿命を左右する!

第11回 退職後の人生30年、家にこもる生活はうつや寝たきりに直結

 久野譜也=筑波大学大学院スポーツ医学専攻教授

年をとってから頼りになるのは、遠くの友人より身近なコミュニティ

 「定年退職で会社を離れたとしても、職場の同僚や学生時代の仲間との付き合いは続くから大丈夫」という人もいるかもしれません。確かに、60代でリタイアして、その後の人生が10年程度だった時代にはそれでも問題なかったでしょう。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.