日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > データで見る栄養学  > データが示す「食べていないのに太る」は記憶のウソ  > 2ページ
印刷

データで見る栄養学

データが示す「食べていないのに太る」は記憶のウソ

人は食べたものの1~2割を忘れている

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

佐々木:人間には「認知バイアス」というものがかかっていて、都合の悪い情報を取り入れず、都合のいい情報を取り入れるようになっています。この場合、ケーキ・ビスケットなどの間食は「食べるとまずい」という認識があるため、無意識のうちに少なく見積もったのだと考えられます。

編集部:料理した野菜というのは?

佐々木:ハンバーグに入っている玉ねぎのように、料理の中に入っている野菜のことでしょう。これらはメインとなる肉や魚の影に隠れてしまい、記憶に残りにくいのだと思います。

編集部:特に、料理をしない人には分からないかもしれませんね。実際より多く思い出されているのは、ジャガイモやかゆですが、日本人で調査をしたら、ご飯になるのでしょうか?

佐々木:僕はそう見ています。

女性や太めの人は食べたものを過小申告する

編集部:食べたものを写真に撮って記録したらどうですか?

佐々木:僕はあまりお勧めしません。なぜなら、食べたものを全て記録できるとは限らないからです。テーブルにきれいに並んだ料理は撮るでしょうが、おかわりや食べ残しは撮らないでしょう? また、間食のあめやスナック菓子、飲み物なども忘れがちです。そもそも、何かをしながらこれらを食べるときは、スマホを持つ手は空いていないですからね。

編集部:そうですね。案外、無意識に食べているかもしれません。完璧に記録するって難しいのですね。

佐々木:50歳から76歳の日本人96人に、16日間食事記録をつけてもらった研究もあります(*3)。できるだけ丁寧にはかりで量っていただき、記録された用紙は管理栄養士が細かくチェックし、栄養価を計算しました。一方、性別、年齢、体重から基礎代謝量を推定しました。基礎代謝量とはじっとしているときに消費するエネルギー量のことです。

 普通の生活をしている人では、基礎代謝の1.75倍程度が1日の全エネルギー消費量、つまり、必要エネルギー量に近いと考えられています。したがって、食事記録で得られたエネルギー摂取量を基礎代謝量で割り、その数字が1.75よりもかなり低いと「過小申告あり」と判断されます。結果が図3です。

【図3】 肥満度別に見た食事記録上のエネルギー摂取量と基礎代謝量の比
食事が正しく記録されていれば1.75前後になるはずだが、女性や太りぎみの人は少なく申告する傾向が見られた
[画像のクリックで拡大表示]

佐々木:食事が正しく記録されていれば、1.75付近になるはずですが、女性は全ての体格で少なく申告していたのです! 食事の記録に「抜け」があった、つまり「忘れてしまっていた」ということです。そして、太りぎみの人ではその程度が大きくなっています。

編集部:男性も、太りぎみの人ほど少なく申告する度合いが大きいですね。

佐々木:「太めの人は自分が食べているものを少なく考えている」というのは、実は、世界中で観察されている普遍的な事実です。

編集部:「そんなに食べていないのに太る」と思っている人は、食べていないのではなくて、食べたことを忘れているのですね。人はどれくらい食べたものを忘れてしまうのですか?

*3 Okubo H, et al. The influence of age and body mass index on relative accuracy of energy intake among Japanese adults. Public Health Nutr. 2006;9:651-7.

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.