【図1】 注文したメニューの実際のエネルギー量と本人が推定したエネルギー量の違い

米国のファストフード店で行った調査。エネルギー量の多いメニューを注文した人ほど、摂取エネルギー量を少なく見積もる傾向があることが分かる

記事に戻る