日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > データで見る栄養学  > データが示す「食べていないのに太る」は記憶のウソ  > 3ページ
印刷

データで見る栄養学

データが示す「食べていないのに太る」は記憶のウソ

人は食べたものの1~2割を忘れている

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

佐々木:図1から計算すると、7%から19%となります。人は食べたものを1~2割くらい忘れてしまっていて、太めの人ではさらに甚だしいということになります。

「多めに食べて忘れる」が人間の基本設定

編集部:なぜ、私たちはこんなにも食べたものを忘れてしまうのでしょうか?

佐々木:それは、食べるということは人間の根源に関わることだからです。私たちは生きていくために、目の前に食べ物があったら自然に口に入れるようにできています。「意図せずに」食べるようになっているのです。

編集部:それはなぜですか?

佐々木:人間が進化する途中で、エネルギーをとり過ぎて困るという現象はほとんどありませんでした。人間の頭脳は飢餓に対する注意信号は出しますが、食べ過ぎに対する注意信号を出す必要はなかったのです。多めに食べて、食べたことを忘れるほうが生き残れます。

編集部:なるほど。人間は「多めに食べて忘れる」というのが基本設定なのですね。では、やせたい人はどうすればいいとお考えですか?

間食するときも、目の前の選択肢の中からエネルギー量の少ないほうを選ぶといい(c)Arnel Manalang-123rf

佐々木:1食に何キロカロリー食べたらいいかを考えるのではなく、目の前の選択肢の中から、常にエネルギー量が少ないほうを選んで食べることです。例えば、ケーキAは300キロカロリー、ケーキBは200キロカロリーだったら、ケーキBを選ぶということ。

編集部:食べたものを全部把握することはできなくても、食べるときに選ぶことならできそうです。

佐々木:さらにお勧めなのは、見た目が大きくてエネルギー量が少ないものを選ぶことです。例えば、野菜がたくさん入っているもの。野菜は低エネルギーでカサが増えますから、腹持ちがよくなり、間食を防ぐことができます。「見た目が大きいものを食べると食べた気になる」という研究もあります。また、どんぶりやワンプレートディッシュよりも、小皿や小鉢をたくさん使った料理のほうがお勧めです。茶碗にご飯を盛るときは、ギュッと詰め込まず、ふわっとさせて大きく見せるといいでしょう。

編集部:どれくらい続ければやせますか?

佐々木:肥満の人が減量のために行動を改善する研究によると、だいたい4カ月くらい必要です。

編集部:体重を測定することは重要ですか?

佐々木:重要です。食べる量が適切であったかどうかは体重に反映されますから、体重は毎日量りましょう。1カ月に1kgくらい減るのが理想的です。

食べることを好きになろう

編集部:先ほど、太っている人ほど食べたものを少なく考えがち、というお話が出ましたが、それはどうしてですか?

佐々木:自分が何を食べているのかを気にしていない可能性があります。早食いだったり、スマートフォンを操作しながらの食事だったり、パワーランチ(昼食をとりながらの会議)だったり。これらは食事に集中していませんよね。

編集部:食べることに興味がない人も、自分が何を食べているのかをあまり気にしませんね。

佐々木:この料理には何が入っているのかな? この味は何かな? と考えていたら早食いはできません。「そんなに食べていないのに太る」と感じている人は、ゆっくり味わって食べてみてはいかがでしょうか。食べることに集中したり、食べることを好きになるといいと思います。

編集部:料理をするのもよさそうですね。

佐々木:そうですね。我々は、食べたものを1~2割忘れる生き物だということを踏まえて、食事を見直してみてはいかがでしょうか。

データで見る栄養学

第2回 「糖質制限」は他のダイエット法よりやせるのか?

第3回 「早食い」は太る! 忙しい人でも無理なく実践できる「太りにくい食べ方」とは?

第4回 「理想的なBMIは22」は本当なのか?

佐々木敏(ささき さとし)さん
東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野教授・医学博士
佐々木敏(ささき さとし)さん 1994年、大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了、ルーベン大学大学院医学研究科博士課程修了(ベルギー)。2007年より現職。早くからEBN(evidence-based-nutrition:根拠に基づく栄養学)に注目し、日本初の食事摂取基準の策定に貢献。日本の栄養疫学研究の中心的存在。近著は『佐々木敏の栄養データはこう読む! 疫学研究から読み解くぶれない食べ方』(女子栄養大学出版部)。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.