日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > データで見る栄養学  > 「糖質制限」は他のダイエット法よりやせるのか?
印刷

データで見る栄養学

「糖質制限」は他のダイエット法よりやせるのか?

第2回 栄養疫学から見た「糖質制限ダイエット」の真実

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

 糖質制限ダイエットが根強い人気だ。「やせた」という人がいる一方で、「やせたけれど、リバウンドした」という声もよく聞く。果たして、糖質制限ダイエットは本当に有効なダイエット法なのだろうか。東京大学大学院医学系研究科社会予防疫学分野教授の佐々木敏さんに、栄養疫学の視点からひもといてもらった。今回から編集部と佐々木さんの会話形式でお伝えしていく。

「糖質を減らしたらやせた=糖質制限が有効だった」とは単純に言えないようだ(c)oneblink-123rf

何と比べてやせるのか?

編集部 先生、糖質制限ダイエットはやせるのでしょうか?

佐々木 やせるというのは、何に比べてですか? 糖質制限ダイエットに限らず、ある一つの手法が有効かどうかを調べるには、比較対照が必要です。

編集部 確かにそうですね。では、これではどうでしょう。私たちの普段の食事と糖質制限ダイエットを比較した場合、糖質制限ダイエットは有効でしょうか?

佐々木 その前に、そもそも糖質制限ダイエットとは何かご存じですか?

編集部 え? 主食や果物、お菓子などの糖質を控えるダイエットですよね?

佐々木 いつもの食事から糖質だけを減らせば、確実に体重は減ります。しかし、それは糖質を制限したからやせたといっていいのでしょうか? 減ったのは糖質だけではありません。総エネルギーも減っています。つまり、エネルギー制限でやせた可能性もありますよね。厳密な意味で糖質制限が有効かどうかを調べるには、糖質を減らした分のエネルギーを脂質やたんぱく質で補い、同じ摂取エネルギー量にしたグループと比較しないといけません。

編集部 なるほど。単純に「糖質を減らしたらやせた=糖質制限が有効だった」とは言い切れないわけですね。

海外の19の研究をまとめてみたら……

佐々木 図1は、18歳以上の肥満者(BMI〔*1〕26以上)を、低糖質食をとる群(1364人)と、対照群(現時点で健康的だと考えられている食事をとる群、1406人)に分け、体重の変化を調べた海外の19の研究をまとめたものです(*2)。いずれも、基本的に低糖質食群と対照群の摂取エネルギーは同じに設定されており(*3)、各研究の期間は3カ月から2年です。

編集部 対照群がとった「健康的だと考えられている食事」って何ですか?

佐々木 総エネルギー摂取量に占める糖質、脂質、たんぱく質の割合が、それぞれ、45~65%、25~35%、10~20%の食事です(*4)。低糖質食は糖質が45%未満の食事としました。

【図1】「低糖質食群」と「対照群」の体重変化の差(19の研究のまとめ)
低糖質食群のほうが対照群より減量効果が大きかったことを示す研究が多いが、全体の平均ではその差は1kg未満にすぎない。むしろ注目すべきは、全ての研究で、対照群でも体重が減っている点だ ※グラフは[注2]の論文をもとに佐々木さんが作成
[画像のクリックで拡大表示]

編集部 図の見方がちょっと難しいです…。

佐々木 横軸は対照群の体重変化です。縦軸は低糖質食群と対照群の体重の変化の差です。つまり、対照群よりも低糖質食群のほうの体重の減少が大きければ、縦軸の値は負(マイナス)になります。

編集部 ということは…。縦軸の半分より下(マイナス)のほうに研究が集まっているので、「低糖質食群のほうが対照群よりも減量効果が大きかった」という研究が多かったということですね。

佐々木 はい。しかし、図1を見ると分かるように、ほとんどの研究でその差は2kgまでにとどまっていて、全体の平均値としては、その差は1kg未満でした。

編集部 たったそれだけ…?

佐々木 はい。つまり、このデータから読み解けることは、「摂取エネルギーが同じ場合、糖質制限は体重の変化には大きな影響がなかった」ということです。

全ての研究で体重が減っていることに注目

編集部 むしろ、糖質制限よりも脂質制限のほうが有効だったりするんでしょうか?

*1 肥満度を表す指標として用いられている体格指数で、[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で計算する。
*2 Naude CE, et al. Low carbohydrate versus isoenergetic balanced diets for reducing weight and cardiovascular risk: a systematic review and meta-analysis. PLoS One. 2014; 9: e100652.
*3 ただし、それが守られていたか否かをきちんとした方法で確かめるのは難しいため、確かめられていない研究も含まれている可能性はある。
*4 『日本人の食事摂取基準2015年版』におけるエネルギー産生栄養素バランスは、50~65%、20~30%、13~20%でこれに当てはまる。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.