日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > データで見る栄養学  > 中性脂肪値を上げるのは油ではなく炭水化物  > 2ページ
印刷

データで見る栄養学

中性脂肪値を上げるのは油ではなく炭水化物

第6回 肥満かどうかで実は違う!中性脂肪値の下げ方

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

佐々木:しかし、気をつけてほしいのは、炭水化物を脂質に食べ替えるときに飽和脂肪酸を選ぶとLDLコレステロール値や総コレステロール値が上がるという点です(前回記事「コレステロール値が気になる人は揚げ物や肉を控えるべき?」参照)。ひと口に脂質異常症といっても、その人の課題が中性脂肪値なのかLDLコレステロール値なのかによって、食べ方は違ってくるということですね。

肥満や飲酒も中性脂肪値を上昇させる

編集部:私たちは「油を食べると中性脂肪値が上がる」「コレステロールを食べると血中コレステロール値が上がる」と考えがちですが、そんなに単純ではないのですね。

佐々木:「油を食べると中性脂肪値が上がる」というのは、完全な誤りではありません。油をとり過ぎると肥満になります。肥満はそれだけで中性脂肪値を上げる原因になるので、「油のとり過ぎ→肥満→中性脂肪値上昇」と肥満を介して中性脂肪値を上げることになります。

編集部:油に限らず、何を食べて肥満になっても中性脂肪値は上がるということですか?

佐々木:はい。炭水化物、脂質、たんぱく質、アルコールはエネルギー源になるので、これらをとり過ぎて肥満になれば中性脂肪値は上がります。一方、炭水化物のとり過ぎはダイレクトに中性脂肪値を上げます。中性脂肪値を上げる食事には、「炭水化物のとり過ぎ」と「肥満」を介するルートの2つがあるということです。

編集部:中性脂肪値が高くて肥満という人は多いですよね。

佐々木:中性脂肪値が高くて肥満の人は、食べ過ぎや運動不足に気をつけて、まず肥満を解消しましょう。一方、中性脂肪値が高くて肥満でない人は、炭水化物やアルコールのとり過ぎを疑いましょう。

編集部:アルコールのとり過ぎも中性脂肪値を上昇させるのですね。

佐々木:はい。以下は、韓国人男性と台湾人男性を対象に、飲酒量と高中性脂肪血症(中性脂肪が150mg/dL以上になった状態のこと)の発症率の関連を調べたものです。これによると、お酒は1日1合を超えると、飲まない人に比べて高中性脂肪血症になりやすいことが分かります[注3][注4]。

飲酒量が多いほど中性脂肪値が高いことが分かる。出典は[注3][注4]、グラフは『佐々木敏の栄養データはこう読む!』(女子栄養大学出版部)を参考に編集部で作成

編集部:韓国の人よりも台湾の人のほうが中性脂肪値が上がりやすいのはなぜですか?

佐々木:韓国の研究では「飲酒→肥満→中性脂肪値の上昇」の影響を取り除いて、飲酒と中性脂肪値の関係を示してあるのに対して、台湾の研究ではこの計算処理が行われておらず、肥満によって中性脂肪値が上がったケースが含まれているためだと考えられます。

編集部:なるほど。いずれにしても飲酒量が多いほど高中性脂肪血症も多くなるということが分かりますね。

[注3]Chen CC, et al. The association of alcohol consumption with metabolic syndrome and its individual components: the Taichung community health study. Nutr Res 2012; 32:24-9.
[注4]Yoon YS, et al. Alcohol consumption and the metabolic syndrome in Korean adults: the 1998 Korean National Health and Nutrition Examination Survey. Am J Clin Nutr 2004; 80:217-24.

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.