日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 榎木英介の「病理医の視点」  > 怖い浴室~平幹二朗さん急死の報に接して  > 2ページ目

榎木英介の「病理医の視点」

怖い浴室~平幹二朗さん急死の報に接して

冬場はヒートショック現象で血圧が乱高下の恐れ

 榎木英介=近畿大学医学部附属病院臨床研究センター講師・病理医

 厚生労働省の調査では、溺死も含め、風呂場で死亡する人は年間1万9000人と推定されており、交通事故死の4倍以上に達する。

 死亡者数は1月がピークだが、10月から急に増え始める。幼児や乳児の溺死を除けば、高齢になればなるほど死者数が増える傾向にある。

入浴中の突然死、独居の高齢者は要注意

 日本法医学会の調査では、浴室での死者のうち、独居者は40%を占める。発見の経緯としては、「独居のため、安否確認により知人や警察官などが発見」が最も多かったという。平さんのケースがこれに当たる。

 高齢のご家族が独居されている場合などは、特に注意してほしい。

 そして、家族のみならず、私たち自身も、浴室が危険な場所であることを認識すべきだ。

 熱い長風呂、アルコールを飲んだ直後などは避けるべきであり、更衣室と浴室の温度差に注意をはらってほしい。

 そして、突然死が心臓や血管、とりわけ動脈硬化が原因となる場合が多いことを意識し、普段から生活習慣に注意すべきだ。

 消費者庁は入浴中の事故を防止するために、以下のことを守るよう呼び掛けている。

  1. 入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
  2. 湯温は41度以下、湯につかる時間は10分までを目安にしましょう。
  3. 浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
  4. アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控えましょう。
  5. 入浴する前に同居者に一声掛けて、見回ってもらいましょう。

 平さんの急死の報を、浴室での突然死を防ぐための警鐘とすることで、平さんの功績に報いたい。

榎木英介(えのき えいすけ)
近畿大学医学部附属病院臨床研究センター講師・病理医
榎木英介(えのき えいすけ) 1971年横浜市生まれ。東京大学理学部生物学科動物学専攻卒、神戸大学医学部医学科卒。神戸大学医学部附属病院、兵庫県赤穂市民病院などを経て、近畿大学医学部附属病院臨床研究センター講師(病理学教室、病理診断科兼任)。病理専門医、細胞診専門医。著書に『嘘と絶望の生命科学』 (文春新書 986)、『医者ムラの真実』(ディスカヴァー携書)、『わたしの病気は何ですか?――病理診断科への招待』(岩波科学ライブラリー)などがある。

先頭へ

前へ

2/2 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.