日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 榎木英介の「病理医の視点」  > 永六輔さんの命を奪った「高齢者の肺炎」にどう向き合うか
印刷

榎木英介の「病理医の視点」

永六輔さんの命を奪った「高齢者の肺炎」にどう向き合うか

 榎木英介=近畿大学医学部附属病院臨床研究センター講師・病理医

(©Ivonne Wierink-123rf)

 マルチな才能を発揮し、お茶の間でおなじみだった作詞家でタレントの永六輔さんが亡くなった。83歳だった。

 私の世代(40代)にとっては、「永六輔さん」といえば浅田飴のコマーシャルや、軽快な語り口、厳しい体制批判が印象深い。その声がもう聴けないと思うと寂しい。ご冥福をお祈りする。

 報道によれば、死因は肺炎だという。晩年はパーキンソン病を患っていたとのことで、闘病の最後に肺炎になったのだろう。

 厚生労働省の人口動態調査(2014年)によれば、肺炎は死因の第3位。11万9650人、全死者の9.4%が肺炎で亡くなる。さらに、80~84歳に絞って見れば15.3%が肺炎で亡くなる。

 しかし、病理医として多くの亡くなった方を解剖させていただいた経験からみると、肺炎で亡くなる人はもっと多い印象だ。というのも、がん、心筋梗塞、脳血管障害など、さまざまな病気の“最後”、すなわち死因が肺炎だったというケースに多く遭遇するからだ。

 人口動態調査では、死因が「原死因」で示されている。この原死因という聞きなれない言葉だが、世界保健機関(WHO)によれば、「直接、死亡を引き起こした一連の事象、起因した疾病・損傷」または「致命傷を負わせた事故、暴力の状況」と定義されている。

 つまり、がんの末期にかかった肺炎が直接の死因となったとしても、原死因はがんとなり、統計上もがんで亡くなったということになるわけだ。報道では「肺炎」といわれていても、原死因が別にあった可能性は否定できない。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.