日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 榎木英介の「病理医の視点」  > 永六輔さんの命を奪った「高齢者の肺炎」にどう向き合うか
印刷

榎木英介の「病理医の視点」

永六輔さんの命を奪った「高齢者の肺炎」にどう向き合うか

 榎木英介=近畿大学医学部附属病院臨床研究センター講師・病理医

(©Ivonne Wierink-123rf)

 マルチな才能を発揮し、お茶の間でおなじみだった作詞家でタレントの永六輔さんが亡くなった。83歳だった。

 私の世代(40代)にとっては、「永六輔さん」といえば浅田飴のコマーシャルや、軽快な語り口、厳しい体制批判が印象深い。その声がもう聴けないと思うと寂しい。ご冥福をお祈りする。

 報道によれば、死因は肺炎だという。晩年はパーキンソン病を患っていたとのことで、闘病の最後に肺炎になったのだろう。

 厚生労働省の人口動態調査(2014年)によれば、肺炎は死因の第3位。11万9650人、全死者の9.4%が肺炎で亡くなる。さらに、80~84歳に絞って見れば15.3%が肺炎で亡くなる。

 しかし、病理医として多くの亡くなった方を解剖させていただいた経験からみると、肺炎で亡くなる人はもっと多い印象だ。というのも、がん、心筋梗塞、脳血管障害など、さまざまな病気の“最後”、すなわち死因が肺炎だったというケースに多く遭遇するからだ。

 人口動態調査では、死因が「原死因」で示されている。この原死因という聞きなれない言葉だが、世界保健機関(WHO)によれば、「直接、死亡を引き起こした一連の事象、起因した疾病・損傷」または「致命傷を負わせた事故、暴力の状況」と定義されている。

 つまり、がんの末期にかかった肺炎が直接の死因となったとしても、原死因はがんとなり、統計上もがんで亡くなったということになるわけだ。報道では「肺炎」といわれていても、原死因が別にあった可能性は否定できない。

1/2 page

最後へ

次へ

肺炎
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.