日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 榎木英介の「病理医の視点」  > 18歳アイドルの突然死事例にみる死因特定の難しさ
印刷

榎木英介の「病理医の視点」

18歳アイドルの突然死事例にみる死因特定の難しさ

事務所発表の死因「致死性不整脈の疑い」が意味するもの

 榎木英介=近畿大学医学部附属病院臨床研究センター講師・病理医

 「18歳のアイドルが突然死した」というニュースは、世間に衝撃を与えた。

 2月8日に亡くなったのは、アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバーだった松野莉奈さん(18)。イベントがある大阪に向かう途中の列車内で体調不調を訴え、帰京し病院受診後に自宅療養していたが、翌朝自宅で急変した。救急隊が到着したときは心肺停止状態だったという。その後搬送先の病院で死亡が確認された。

 数日前まで家族旅行に行くなど元気な18歳がどうして突然死するのだろう。疑問を抱いた人も多く、一時的には「インフルエンザ脳症で亡くなった」という流言がウェブに拡散した。

 2月10日になって、所属事務所は、松野さんの死因を「致死性不整脈の疑い」と発表した。

致死性不整脈とは何か

 ここで致死性不整脈とは何かについて触れたい。

 致死性不整脈とは、その名の通り、死に至る不整脈だ。不整脈とは心臓のリズムの異常で、様々なものがあり、多くは死に至ることはない。

 致死性不整脈は不整脈のなかで、放置すれば短時間で死亡する可能性の高い不整脈とされる。頻脈性不整脈として心室細動、持続性心室頻拍、トルサード・ド・ポワンツが、徐脈性不整脈として房室ブロック、洞不全症候群が挙げられる。

 厚生労働省の人口動態調査(平成27年)によると、2015年に15歳から19歳で亡くなった人の数は1220人と非常に少ない。同じ年に亡くなった人は全ての年齢を合わせると129万444人だから、わずか0.09%だ。15~19歳で亡くなった1220人のうち、病死は427人にすぎない。このなかで、心臓、血管などの循環器系の病気で死亡した人は78人だ。

 このうち致死性不整脈で亡くなったのは、「その他の伝導障害」1人、「心停止」2人、「発作性頻拍(症)」2人、「その他の不整脈」9人となっている。

 若い人が致死性不整脈で亡くなることは極めてまれではあるが、発生すれば本人、家族にとっては悔やんでも悔やみきれない。

 アメリカの心臓関連学会は、若い運動選手の、心臓が原因となる突然死を防ぐために、運動時に胸の痛みなどがあったり、失神・めまいを経験したことがある、近親者に50歳未満で心臓の病気にかかり死んだ人がいるといったことを事前にチェックするように勧めている。読者の皆さんや家族、知人でこれらに当てはまる病歴がある場合は、循環器専門の病院を受診してほしい。

こんな病歴があれば循環器の精密検査を
<個人歴>
1. 運動に伴う胸の痛み/不快感/こわばり/高血圧
2. 原因不明の失神/めまい
3. 運動に伴う過度のおよび説明できない呼吸困難/疲労または動悸
4. 心雑音が以前からある
5. 全身血圧の上昇
6. 過去にスポーツへの参加を制限されたことがある
7. 医師の指示により心臓の検査を受けたことがある
<家族歴>
8. 50歳未満で心臓病に起因して死亡(突然かつ予期しない死亡)した親類が1人以上いる
9. 50歳未満で心臓病による障害がある近親者がいる
10. 家族に肥大または拡張型心筋症、ロングQT症候群または他のイオンチャネル障害、マルファン症候群、臨床的に有意な不整脈、遺伝的心臓病をもった人がいる

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.