図1◎ 認知症の脳の変化は発症20年前から始まっている

アルツハイマー型認知症の場合、脳の神経細胞を壊す老廃物[アミロイドβペプチド(Aβ)]が発症に先立って溜まり始める。Aβに関連した血中たんぱく質を検出することで、MCI(軽度認知障害)の段階や、認知障害の症状が全く出ていないプレクリニカル期(前臨床期)に、将来認知症になるリスクが高い人を見つけることができる。

記事に戻る