図2◎ パーキンソン病治療薬の小腸内持続投与法

腹部に小さな穴を開け、胃へとつないだ「胃ろう」からチューブを体内に入れ、胃から十二指腸を経て小腸(空調)へと薬液を注入する。薬液の容器をセットした専用ポンプは、ポーチに入れて肩から下げるなどの方法で携帯する。

記事に戻る