日経Gooday TOP  > 医療・予防  > いちばんやさしい“医療とお金”講座  > 万一のときのために知っておきたい、国保の減免制度  > 2ページ目

いちばんやさしい“医療とお金”講座

万一のときのために知っておきたい、国保の減免制度

独立・退職して初めて知る?!「国民健康保険」の仕組み【2】

 塚崎朝子=ジャーナリスト

前年の所得が基準額以下になると自動的に減免される

 まず、「法定軽減」とは、保険料算定の基礎となる前年の所得(同一世帯の国保加入者全員の総額)が、国の定める基準額以下となった世帯で、保険料のうち「均等割」(1人当たり一定額)と「平等割」(世帯当たり一定額)部分が減額されるものです(「均等割」「平等割」については前回記事「会社員が退職したら健康保険はどうなる?」を参照)。所得基準によって、7割、5割、2割の減額措置が取られます。所得が33万円以下(給与収入だけの場合には98万円以下)の場合は、7割減額の対象になります。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.