日経Gooday TOP  > 医療・予防  > いちばんやさしい“医療とお金”講座  > 進化するジェネリック薬をお得に取り入れよう  > 2ページ目

いちばんやさしい“医療とお金”講座

進化するジェネリック薬をお得に取り入れよう

「オーソライズドジェネリック」「スーパージェネリック」も登場

 塚崎朝子=ジャーナリスト

ジェネリックの商品名は「一般名+メーカー名」が多い

 どんな薬も「一般名」「商品名(ブランド名)」という2つの名前を持っています。「一般名」は、有効成分となる化学物質の名前で、その薬の“素性”を著しています。これに対し、「商品名(ブランド名)」とは、製薬会社がその医薬品を売り出す時に独自に付ける名前です。多くの場合、1つの一般名について複数の商品名(先発品、後発品それぞれの商品名)が存在することになります。例えば、消炎鎮痛薬なら、「アスピリン」が一般名で、「バファリン」「バイアスピリン」などが商品名、という具合です。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.