日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > いちばんやさしい“医療とお金”講座  > 病気で働けない! そんなときに備える「就業不能保険」  > 2ページ

いちばんやさしい“医療とお金”講座

病気で働けない! そんなときに備える「就業不能保険」

「所得補償保険」「収入保障保険」とどう違う?

 塚崎朝子=ジャーナリスト

 これは、加入者が、業務外の病気やけがによって、3日以上連続して仕事を休み(自宅などでの療養も含む)、給与の支払いがなされない場合にも、4日目から(休み始めから3日間は待機期間)、標準報酬日額(*1)の3分の2に相当する額が支給されるという仕組みです。最長で1年6カ月間給付が続き、給与と違って非課税なので、この期間内であれば収入の手取額がそう大きく目減りすることはないでしょう。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.