日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > いちばんやさしい“医療とお金”講座  > やっぱり必要? がん保険  > 2ページ

いちばんやさしい“医療とお金”講座

やっぱり必要? がん保険

2人に1人がかかる「がん」に備え、様々な商品が登場

 塚崎朝子=ジャーナリスト

がん保険の特徴は、診断時点でまとまった額の給付金が出ること

 一般的な民間医療保険は、入院の日数に応じて給付金額が計算され、加えて、手術などを受けると、「手術給付金」が受け取れます。これに対し、がん保険は、がんと診断を受けた時点で、まず、まとまった額(100万円程度)の「診断給付金」を一時金として受け取れる商品が多いようです。がんと宣告されただけでも動揺しますから、それからの治療費や生活への不安を軽減するためにも、この保障は心強いかもしれません。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.