日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」  > インフルエンザの鼻ホジホジ検査は本当に必要か?
印刷

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

インフルエンザの鼻ホジホジ検査は本当に必要か?

検査キットに振り回されるな!

 北和也=やわらぎクリニック副院長

 今年もインフルエンザシーズンが到来しましたね~。そこで今回は、インフルエンザの診療について考えてみたいと思います。みなさん、こんな受診経験はないでしょうか?

(20××年12月、現在インフルエンザは大流行している)

患者さん 『昨日の晩から寒気がして、夜中に熱が39度まで上がってきたんです。ふしぶしも痛いし、鼻水も咳も出るんです。先日、職場の同僚もインフルエンザで休んでいました…』

医師 『なるほど。そしたら、インフルエンザの検査しときましょか~』

(鼻にホジホジ…10分後)

医師 『検査結果は陰性ですね~。インフルエンザと証明できなかったので、また明日にでも来て下さい。陽性になるかもしれませんから

患者さん 『は、はぁ。インフルエンザじゃないんですか?』

医師 『その可能性はあるでしょう。しかし、明日検査しないとはっきり言えませんので

(翌日、つらい体を引きずって再受診し、2度目のホジホジ…10分後)

医師 『思った通り、インフルエンザA型! やはり私の目に狂いはなかったようです。とりあえずインフルエンザに効くお薬出しときますからね』

患者さん 『ありがとうございます! 診断書が必要なら書いてもらえますかね?』

医師 『OKですよ。また取りにきて下さいね。お大事に』

 インフルエンザ流行シーズンによくある診療風景ですよね。でも、よくよく考えるとちょっと変じゃないですか? いかがでしょう?

 「何がおかしいんだ! とっても親切な先生じゃねぇかコノヤロー!」という方もおられるかもしれません。

 でもでも、よく考えてみて下さい。

インフルエンザの診断は鼻ホジホジの結果次第!?

 この患者さん、検査キットが初日陰性、2日目陽性でしたよね。そうなんです。検査キットは万能ではないのです。

 「初日は早く来すぎて陰性になってしまったからでは?」…確かにそうです。インフルエンザは、症状が出てから半日ほど経過してからでないと検査キットが陽性になりにくいようです。

 でも、問題はそこではないのですっ!

 そもそも、インフルエンザの流行期に、明らかにインフルエンザの典型的症状(寒け・発熱、ふしぶしの痛みに加えて、のど・鼻・咳症状)があれば、インフルエンザの可能性が非常に高いと思いませんか?

 つまり、鼻をホジホジする前から、初日の段階で明らかにインフルエンザの可能性がめちゃめちゃ高いんです!

 初日の時点で、検査が陰性であろうがなかろうが、インフルエンザなんですね。それは、患者さんも医師も、うすうす気付いていたはずなんです。

 インフルエンザの診断をしたのは、検査キットではなくて、ほかでもない医師や患者さん本人だったというわけなんです。

 …ということはですよ、必ずしも検査キットは必要ないのかもしれないんです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.