日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」  > 「飲んではイケナイ」の週刊誌騒動、その後…
印刷

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

「飲んではイケナイ」の週刊誌騒動、その後…

今飲んでいる薬を急に中止しないで!

 北和也=やわらぎクリニック副院長

 前回、「〇〇という薬を飲んではいけない」と読者を煽る週刊誌を読んで心配になっていても、基本的には大丈夫ですよ、というお話をしました(「雑誌が煽る「飲んではイケナイ薬」にだまされてはイケナイ!」)。

 記事で「飲んではいけない」とか、「医者は飲まない」と糾弾されている薬の中には、大切な薬がたくさん含まれていました。でも実際には、薬そのものが悪いのではなく、「内服する状況が間違っている」ということが圧倒的に多いんですね。

 そこがとっても大事なのです。

テレビ番組の影響で、1割以上が自己判断で薬を中止

 過去にもあるテレビ番組で、「〇〇という種類の薬には他人を攻撃する危険性があると厚生労働省が注意を呼び掛けている」という報道がなされた直後、その薬を飲んでいた人たちが不安になり、自己判断で中止してしまうということがありました。

 インターネット調査によると、このとき1割以上の人が自己判断で減量や中止を行ってしまったようです(*1)。その結果、健康状態にどのような影響があったかということについては分かりません。

この薬、大丈夫かな…と思っても、性急に判断せず主治医に相談を。(©Antonio Diaz-123rf)

 過去に海外でもこのようなことがありました。

 2013年、British Medical Journal(BMJ)というイギリスのメジャー医学雑誌が、「スタチン系薬剤(脂質異常症のお薬)は、心血管疾患の1次予防(*2)のために飲んでも、得られる利益が小さい」という論文や論説を立て続けに取り上げました。

 すると、現地のマスコミがそれをセンセーショナルに紹介し、影響を受けた人たちはスタチンを飲むのを勝手に止めてしまったのです。

 ちょうどその時期、日本の某週刊誌も、「スタチン系薬剤(クレストール、リピトール、リバロなど)は飲んではいけない」という記事を掲載しており、日本の患者さんにも影響がでました。

 ところが、スタチンには2次予防(*2)の有効性はしっかり示されていますし、1次予防でも、喫煙者、高血圧症、肥満、糖尿病など生活習慣病オンパレードの人には特に、内服の価値があるのです。にもかかわらず、内服の価値が高い人たちの中にも、中断してしまう方が現れてしまったのです(*3)。

*1 澤田康文.テレビの「薬」情報か患者・医療現場に与える影響実態調査:第13回日本医薬品情報学会総会・学術大会(2010.7.23)
*2 1次予防というのは、その病気をまだ患ったことのない人が、その病気を1度も患わないように予防することです。例えば心筋梗塞を起こしたことのない人が、心筋梗塞の予防目的でスタチン系薬剤を飲むことを指します。ちなみに2次予防とは、その病気を既に経験したことのある人が、再度起こさないよう予防することです。
*3 Impact of statin related media coverage on use of statins: interrupted time series analysis with UK primary care data. BMJ. 2016 Jun 28;353:i3283.

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.