日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」  > 「飲んではイケナイ」の週刊誌騒動、その後…  > 2ページ
印刷

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

「飲んではイケナイ」の週刊誌騒動、その後…

今飲んでいる薬を急に中止しないで!

 北和也=やわらぎクリニック副院長

 一連の報道のほとぼりがさめるまで(スタチンを中止してしまった患者さんが再開するまで)はだいたい半年ほどかかったということですから、その間に過去に心筋梗塞を起こした人がまた心筋梗塞を起こして命を落としてしまった、というケースもあるはずです。もちろん、「スタチンを飲んでいたら絶対に心筋梗塞を起こさなかったのか?」と言われると、そういうわけではありません。

 これは、「医療に絶対はない」という意味です。医療は常に不確実なものです「医療の不確実性」といいます)。2次予防としてスタチンを内服していれば、心筋梗塞などの発生確率は減少しますが、完全になくなることを保証するわけではありません。不幸にも心筋梗塞を起こしてしまったからといって、スタチンの効果そのものが否定されるというわけではないのです。心筋梗塞を起こしてしまった個々の患者さんはもちろんとてもつらいと思いますし、そこはきっちり対応する必要がありますが、そのことで、薬そのものが効かない! ダメだ!と短絡的に解釈するのは間違っています

「超神水」を飲んでいい人と飲んではいけない人がいる

 …話がそれましたが、何を言いたいかというと、1つの薬をとっても、薬を内服している理由はさまざまで、飲む人によって期待される効果や副作用が異なるということです。スタチンを飲まなくても良い人もいれば、飲んだ方が良い人も当然いるわけで、みんな一緒じゃないんです!

 分かりやすく例えると、孫悟空は超神水を飲んで潜在的な力が引き出されましたが、ヤムチャが飲んでいたら即死だったということですっ!(余計に分かりにくいでしょうか?)

 すべての人が飲まない方が良いという薬はほとんどありません。例外中の例外は抗菌薬の経口第三世代セフェムと経口カルバペネムで、これらの薬は、「使いどころがなかなか見当たらない薬剤」の頂点に君臨する超エリート突然変異なのです!(詳しくは「だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと」を参照)

 実際の医療の現場では、「この人の場合、この薬は飲まなくても良いんじゃないの?」と思ってしまう薬はたくさんありますが、何も起こっていないのであれば、基本的には過度に心配する必要はありません。次の受診のときに医師に相談すれば良いだけのことです。そもそも全ての薬は副作用を起こし得ますので、内服の際はそのデメリット(将来の副作用のポテンシャル)を上回るメリットがあるのかないのか、よく考えて内服する必要があります。

 何度も繰り返しますが、ぜひとも皆さん、週刊誌を読んで今飲んでいる薬を急に中止しないようにしてください!

■ 関連記事
週刊誌のネガティブキャンペーンを医師はどう思う?

キタカズ先生の著書が発売されました!

北和也 編著
『今日から取り組む 実践!さよならポリファーマシー』

じほう 2016年10月13日発行

北 和也
やわらぎクリニック副院長
北 和也 2006年大阪医科大学卒。府中病院急病救急部、阪南市民病院総合診療科、奈良県立医科大学感染症センターなどで主に総合診療・救急医療・感染症診療に従事。手足腰診療のスキルアップのため、静岡県は西伊豆健育会病院 整形外科への3カ月間の短期研修(単身赴任)の経験もあり。
現在は、やわらぎクリニック(奈良県生駒郡)副院長として父親とともに地元医療に貢献すべく奮闘中。3姉妹の父親で趣味は家族旅行。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.