日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」  > 「飲んではイケナイ」の週刊誌騒動、その後…
印刷

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

「飲んではイケナイ」の週刊誌騒動、その後…

今飲んでいる薬を急に中止しないで!

 北和也=やわらぎクリニック副院長

 前回、「〇〇という薬を飲んではいけない」と読者を煽る週刊誌を読んで心配になっていても、基本的には大丈夫ですよ、というお話をしました(「雑誌が煽る「飲んではイケナイ薬」にだまされてはイケナイ!」)。

 記事で「飲んではいけない」とか、「医者は飲まない」と糾弾されている薬の中には、大切な薬がたくさん含まれていました。でも実際には、薬そのものが悪いのではなく、「内服する状況が間違っている」ということが圧倒的に多いんですね。

 そこがとっても大事なのです。

テレビ番組の影響で、1割以上が自己判断で薬を中止

 過去にもあるテレビ番組で、「〇〇という種類の薬には他人を攻撃する危険性があると厚生労働省が注意を呼び掛けている」という報道がなされた直後、その薬を飲んでいた人たちが不安になり、自己判断で中止してしまうということがありました。

 インターネット調査によると、このとき1割以上の人が自己判断で減量や中止を行ってしまったようです(*1)。その結果、健康状態にどのような影響があったかということについては分かりません。

この薬、大丈夫かな…と思っても、性急に判断せず主治医に相談を。(©Antonio Diaz-123rf)

 過去に海外でもこのようなことがありました。

 2013年、British Medical Journal(BMJ)というイギリスのメジャー医学雑誌が、「スタチン系薬剤(脂質異常症のお薬)は、心血管疾患の1次予防(*2)のために飲んでも、得られる利益が小さい」という論文や論説を立て続けに取り上げました。

 すると、現地のマスコミがそれをセンセーショナルに紹介し、影響を受けた人たちはスタチンを飲むのを勝手に止めてしまったのです。

 ちょうどその時期、日本の某週刊誌も、「スタチン系薬剤(クレストール、リピトール、リバロなど)は飲んではいけない」という記事を掲載しており、日本の患者さんにも影響がでました。

 ところが、スタチンには2次予防(*2)の有効性はしっかり示されていますし、1次予防でも、喫煙者、高血圧症、肥満、糖尿病など生活習慣病オンパレードの人には特に、内服の価値があるのです。にもかかわらず、内服の価値が高い人たちの中にも、中断してしまう方が現れてしまったのです(*3)。

*1 澤田康文.テレビの「薬」情報か患者・医療現場に与える影響実態調査:第13回日本医薬品情報学会総会・学術大会(2010.7.23)
*2 1次予防というのは、その病気をまだ患ったことのない人が、その病気を1度も患わないように予防することです。例えば心筋梗塞を起こしたことのない人が、心筋梗塞の予防目的でスタチン系薬剤を飲むことを指します。ちなみに2次予防とは、その病気を既に経験したことのある人が、再度起こさないよう予防することです。
*3 Impact of statin related media coverage on use of statins: interrupted time series analysis with UK primary care data. BMJ. 2016 Jun 28;353:i3283.

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.