日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」  > 雑誌が煽る「飲んではイケナイ薬」にだまされてはイケナイ!

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

雑誌が煽る「飲んではイケナイ薬」にだまされてはイケナイ!

「間違った使い方」が多いだけ

 北和也=やわらぎクリニック副院長

 皆さんこんにちは!

 前回、前々回のDU薬(DAITAI UNKO)の記事にはたいへん多くの反響をいただきました(「だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと」「同・続編」)。

 記事の内容を一言でいうと、「経口第三世代セフェムは飲んでほしくない!」ということです。

 「経口第三世代セフェムって、どんな時に飲んではいけないの?」と言われれば「どんなときも飲んでほしくないです」と答えることができます。

 でもこれって、実はものすごく例外的なことなんです。

「週刊〇〇を読んだら、△△という薬はダメだって…」

センセーショナルな見出しに踊らされないで。(©wabeno-123rf)

 医療の現場では、いついかなる時も飲んでほしくない・飲んではいけない薬なんて、そうそうありません

 最近、世の中は「減薬ブーム」のようで、「この薬は絶対飲んではイケナイ!」とか「医者が絶対飲まない薬」とか「この薬で私は死にかけた!」とか、とても極端な見出しがついた記事を雑誌やインターネットで見かけます。

 その影響もあり、実際に接する患者さんの中には

 「週刊〇〇という雑誌を読んだら、△△という薬はダメだって書いてあるんですけど、これ、私が飲んでいるやつですよね?」

 と心配そうに聞く方がおられます。中には、

 「××という薬は危険って書いてあったので、しばらく飲むのをやめていました」

 という方もおられるようです。そういう方にまずお伝えしたいのが、

 「雑誌の表現を真に受けて、自己判断で薬をやめることは非常に危険です!」

 ということです。こうした雑誌で紹介されている多くのケースは、薬を使うセッティング(状況)がよろしくないだけであり、薬そのものが害というわけではないのです。

 「かぜに抗菌薬」はおかしいけれど、「細菌性肺炎に抗菌薬」は通常必要ですし、「細菌性肺炎に抗菌薬を使わない」はかなりおかしいのです。

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト
日経グッデイ春割キャンペーン

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.