日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」  > 続・だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと
印刷

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

続・だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと

 北和也=やわらぎクリニック副院長

 前回、「経口第三世代セフェムは飲まない方がいいのではないか?」というお話をさせていただきました(前回記事はこちら)。

 理由をおさらいします。

  • せっかく飲んでも吸収されずにDAITAI UNKOになる(DU薬と呼ぶ専門家もいる)
  • よって、感染症を治すのは不得意な抗菌薬である
  • それなのに腸内細菌が無駄に死んでしまい、危ない下痢を引き起こす場合がある
  • 想定しうる全ての状況で、他に適切な医療(「様子をみるだけ」も含め)が存在する
  • ということで、私や周りの医師は、経口第三世代セフェムを処方せずに診療している

 というわけです。

 「そんなの聞いたことがない! お前の周りの医師だけが特殊な医療をしているだけじゃないのか!?」と言う方もいるかもしれません。

 確かにそう感じられても仕方がないのかもしれません。なぜなら、日本という国全体が、経口第三世代セフェムを大量に使用しているからです。

世界でも群を抜く日本の消費量

 世界のセフェム系抗菌薬のマーケティング情報を見てみましょう。

2010年の世界のセフェム系薬売り上げランキング(*1)
  • 第1位 ロセフィン(点滴の第三世代セフェム) 全売上の3.1%(年商3.2億ドル)
  • 第2位 Zinnat(経口第二世代セフェム) 2.5%(2.6億ドル)
  • 第3位 フロモックス(経口第三世代セフェム) 2.4%(2.5億ドル)
  • 第4位 メイアクト(経口第三世代セフェム) 1.9%(2.0億ドル)

 経口第三世代セフェムが世界のセフェム系抗菌薬の上位を占めていることがわかります。

 「なんだ、日本だけじゃないじゃん! 世界中で売れているんじゃないか?」と思いたいところですが、そうではないのです。

 実はこのフロモックスとメイアクトの売上のかなりの割合を、日本国内の売り上げが占めていることが予想されるのです。

 2013年の日本国内の売上データでは、フロモックスが年商158億円、メイアクトが150億円でした。同じ年の売り上げの比較はではないものの、これらの薬の世界の売り上げの大部分を日本が占めていることは想像に難くありません(*2)。

 どうですか、ちょっと変ですよね。もちろん、日本だけ特殊な細菌感染が蔓延しているわけではありません。

 なので、Why Japanese people!な感じなのです。

*1 Antibacterial Drugs ; World Market Prospects 2012­-2022. Visiongain, London, 2011.
*2 第15回 抗菌剤(その3)経口用・注射用セフェム系抗生物質, マーケティングシェア・シリーズ第41弾(2013年). 国際医療品情報 1031 : 60, 2015.

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.