日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」  > 続・だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと
印刷

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

続・だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと

 北和也=やわらぎクリニック副院長

 前回、「経口第三世代セフェムは飲まない方がいいのではないか?」というお話をさせていただきました(前回記事はこちら)。

 理由をおさらいします。

  • せっかく飲んでも吸収されずにDAITAI UNKOになる(DU薬と呼ぶ専門家もいる)
  • よって、感染症を治すのは不得意な抗菌薬である
  • それなのに腸内細菌が無駄に死んでしまい、危ない下痢を引き起こす場合がある
  • 想定しうる全ての状況で、他に適切な医療(「様子をみるだけ」も含め)が存在する
  • ということで、私や周りの医師は、経口第三世代セフェムを処方せずに診療している

 というわけです。

 「そんなの聞いたことがない! お前の周りの医師だけが特殊な医療をしているだけじゃないのか!?」と言う方もいるかもしれません。

 確かにそう感じられても仕方がないのかもしれません。なぜなら、日本という国全体が、経口第三世代セフェムを大量に使用しているからです。

世界でも群を抜く日本の消費量

 世界のセフェム系抗菌薬のマーケティング情報を見てみましょう。

2010年の世界のセフェム系薬売り上げランキング(*1)
  • 第1位 ロセフィン(点滴の第三世代セフェム) 全売上の3.1%(年商3.2億ドル)
  • 第2位 Zinnat(経口第二世代セフェム) 2.5%(2.6億ドル)
  • 第3位 フロモックス(経口第三世代セフェム) 2.4%(2.5億ドル)
  • 第4位 メイアクト(経口第三世代セフェム) 1.9%(2.0億ドル)

 経口第三世代セフェムが世界のセフェム系抗菌薬の上位を占めていることがわかります。

 「なんだ、日本だけじゃないじゃん! 世界中で売れているんじゃないか?」と思いたいところですが、そうではないのです。

 実はこのフロモックスとメイアクトの売上のかなりの割合を、日本国内の売り上げが占めていることが予想されるのです。

 2013年の日本国内の売上データでは、フロモックスが年商158億円、メイアクトが150億円でした。同じ年の売り上げの比較はではないものの、これらの薬の世界の売り上げの大部分を日本が占めていることは想像に難くありません(*2)。

 どうですか、ちょっと変ですよね。もちろん、日本だけ特殊な細菌感染が蔓延しているわけではありません。

 なので、Why Japanese people!な感じなのです。

*1 Antibacterial Drugs ; World Market Prospects 2012­-2022. Visiongain, London, 2011.
*2 第15回 抗菌剤(その3)経口用・注射用セフェム系抗生物質, マーケティングシェア・シリーズ第41弾(2013年). 国際医療品情報 1031 : 60, 2015.

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.