日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」  > 続・だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと  > 3ページ
印刷

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

続・だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと

 北和也=やわらぎクリニック副院長

 いかがですか。「私もこのシチュエーションで飲んだことがある!」という方も多いのではないでしょうか。実は私も小さい頃にたくさん飲んでいました。

 なぜ製薬会社はそんなクスリを作るんだ!と思う方がおられるかもしれませんが、製薬会社さんもこのような事実を皆が知っているわけではありません。営業担当者にお伝えすると驚かれることは多いのです。

 そして、このクスリはダメだと言うだけでなく、上述のような代替案について紹介します。たとえば「細菌性咽頭炎ではA薬を使うのではなく、きっちり診断できた場合はB薬を使うよう医師に勧めてあげるのはいかがでしょう?」と説明すると、喜ばれることが多いです。

 また、医師も、経口第三世代セフェムを良かれと思って処方している場合がほとんどなのです。悪意はなく善意で処方しているのです。

 しかし、だからといって漫然と処方を受け続け、飲み続けていてもよいのでしょうか。抗菌薬が他のクスリと圧倒的に違うところは、悪影響が内服した本人のみに留まらず、周囲の人たちへも及び得るところです

 では、もし今後処方された場合にどうするか。どのようなアクションを起こすかにもちろん決まりはありません。処方されるがままに内服する、あるいは何も言わずに捨ててしまう、というのは建設的ではなく、状況に変化を起こすことはできません。たとえば医師にこの記事を見せながら相談するのもひとつだと思います(ぜひとも笑顔で相談しましょう!)。

 自分や愛する人、未来の子どもたちのためにも、見て見ぬ振りはもうできないのです。医療者のみに頼ってるだけではなかなかうまくいきません。ぜひ皆で力を合わせてより良い社会を築いていきましょう!

厚労省も抗菌薬の使用量を減らすアクションプランを策定

 抗菌薬の濫用は、耐性菌の増加も招きます。これまで「切り札」とされてきた抗菌薬も効かないような多剤耐性菌の蔓延が世界的にも大きな問題となっており、2015年5月の世界保健総会では、薬剤耐性(AMR)に関するグローバル・アクション・プランが採択され、加盟各国は2年以内に薬剤耐性に関する国家行動計画を策定することを求められました。

 これを受け、日本でも厚生労働省が2016年4月5日に「国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議」を開きました。ここで取りまとめられたアクションプランでは、日本では経口第三世代セフェム(セファロスポリン)、キノロン系薬(フルオロキノロン)、マクロライド系薬の使用頻度が高いことを指摘し、2020年までにこれらの薬の使用量を2013年の水準の半分にするという成果指標を掲げています(全抗菌薬も3分の2にまで減少させるというプランです)。この内容は無料で閲覧できます(こちらをクリック)。

注意)本連載は、医療否定を訴えるものではありません。必要な薬をテキトーに自己判断で中止するのはいけません!くれぐれもご注意いただければと思います。

北和也
やわらぎクリニック副院長
北和也 2006年大阪医科大学卒。府中病院急病救急部、阪南市民病院総合診療科、奈良県立医科大学感染症センターなどで主に総合診療・救急医療・感染症診療に従事。手足腰診療のスキルアップのため、静岡県は西伊豆健育会病院 整形外科への3カ月間の短期研修(単身赴任)の経験もあり。
現在は、やわらぎクリニック(奈良県生駒郡)副院長として父親とともに地元医療に貢献すべく奮闘中。3姉妹の父親で趣味は家族旅行。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.