日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」  > 続・だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと  > 2ページ目
印刷

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

続・だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと

 北和也=やわらぎクリニック副院長

経口第三世代セフェムを使う代わりにどうすればいい?

 では、本題です。

 ダメダメ言われてばかりでは、結局どうしていいか分からないと思いますので、経口第三世代セフェムを使う代わりに何をすればいいかをざっくりまとめておきます。

 参考にしていただけると嬉しいです。

経口第三世代セフェムが使われがちな場面と、よりふさわしい対応
かぜ
咳・鼻・のどの症状が同時に出るようないわゆる“かぜ”は、ほとんどがウイルス感染によるものなので、抗菌薬は不要です。
急性副鼻腔炎(強い鼻詰まり、頬や額の痛み、発熱などで疑います)
たいていウイルス性であり抗菌薬は不要です。細菌性であったとしても軽症であれば抗菌薬なしでたいてい自然軽快します。
細菌性の中には強い痛みや高熱などがあり抗菌薬が必要な場合もあります。しかしその場合もアモキシシリン(商品名サワシリンなど)あるいはアモキシシリン・クラブラン酸(商品名オーグメンチンなど)が第一選択であり、第三世代セフェムの使用は推奨されていません(*3)
細菌性咽頭炎(のどの強い痛み、首のリンパ節の腫れ、発熱があるものの、鼻水や咳といった典型的な“かぜ症状”がない時に疑います)
第一選択はペニシリンやアモキシシリンです。ペニシリンアレルギーがあったとしても、代替案として第一世代セフェム(商品名ケフレックスなど)やクリンダマイシンなどの選択が推奨されています(*4)。
よくわからない高熱
経口第三世代セフェムでの“なんとなく”な治療は言語道断です。抗菌薬を使う場合は、発熱の原因を筋道を立てて検討することが先決であり大前提なのです。
やけど
単にやけどがあるというだけで、感染予防に抗菌薬を内服することは推奨されていません(*5)。
けが
軽いけがに対する感染予防目的の抗菌薬投与については明確な指針はありません。ルーチンの抗菌薬投与は不要ですし、たとえ必要であっても、皮膚常在菌による感染ですので、セファレキシンなどの第一世代セフェムで十分です。動物に咬まれた場合は、3~5日間のアモキシシリン・クラブラン酸の投与が勧められています(*6)。破傷風ワクチンの接種も忘れずに!
抜歯後
日本では抜歯後の感染性心内膜炎予防として経口第三世代セフェムが数日間処方されることが多いですが、それは勧められません。米国心臓協会では、心臓に人工弁を入れている人や感染性心内膜炎の既往があるなどのハイリスク患者に限り、抜歯前の30~60分前にアモキシシリン2gを内服することを推奨しています(*7)。
ただし日本循環器学会における適応はもう少し広い(*8)のですが、少なくとも抜歯後への処方などどこにも推奨していませんし、経口第三世代セフェムの推奨はどこにもありません。
妊婦、子ども
なんとなく安全というイメージや習慣から、経口第三世代セフェムが頻用されています。しかし、吸収をよくするためにくっつけた「ピボキシル基」の影響で、子ども・胎児が低カルニチン血症という状態になり、重い低血糖を起こし得ることが報告されており(*9)、決して安全とは限りません。
たとえば乳腺炎では、症状があまり強くなく、発症から24時間未満の場合には、乳汁のうっ滞を解除するよう努めるのみで十分であり、半日~1日以上症状が続く場合や、症状がどんどん悪化する場合に初めて経口第一世代セフェムなどで治療するよう勧められています(*10)。
小児・妊婦への安易な経口第三世代セフェム処方はぜひとも控えたいところです。
*3 Chow AW et al. Clin Infect Dis. 2012 Apr;54(8):e72-e112.
*4 Shulman ST et al. Clin Infect Dis. 2012 Nov 15;55(10):1279-82.
*5 一般財団法人 日本熱傷学会 熱傷診療ガイドライン 改訂第2版
*6 Enzler MJ. Mayo Clin Proc. 2011 Jul;86(7):686-701.
*7 Wilson W et al. Circulation. 2007 Oct 9;116(15):1736-54. Epub 2007 Apr 19.
*8 循環器病の診断と治療に関するガイドライン 2007年度合同研究班報告
*9 PMDA(医薬品医療機器総合機構)からの医薬品適正使用のお願い No.8 2012年4月
*10 ABM臨床プロトコル第4号 乳腺炎 (2014年改訂版)

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.