日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」  > だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと

 北和也=やわらぎクリニック副院長

 本連載は、医療否定を訴えるものでは決してありません。薬自体がダメ!とか言いたいのでは決してありませんし、必要な薬をテキトーに自己判断で中止するのは大変危険です。薬により得られる恩恵は確実に存在し、利益と害とをきちんと評価したうえで、ぜひとも賢く使っちゃおう!というのが本連載の意図なのです。ここ、超大事なので冒頭でお断りしておきます。よろしくお願いいたします!

 さて、以前「かぜに抗菌薬は効かない」という話をしました(「かぜに抗菌薬は効かない!」)。かぜに抗菌薬が効かない理由は、「かぜのほとんどはウイルス性だから」ということでした。

 そこで今回は、かぜに限らずどんな場合でも、あまり使わない・使いたくない抗菌薬についてのお話をしたいと思います。

 「え! そんなのがあるの!?」と思われるかもしれませんが…残念ながらあるのです。

あまり使いたくない「経口第三世代セフェム」

 あまり使いたくない抗菌薬の筆頭は、「経口第三世代セフェム」という種類の抗菌薬です。

 セフェムって何? いきなりそんな専門的な用語を出されても…と思われるかもしれませんね。「セフェム系」というのは、いくつかある抗菌薬の大きなカテゴリーの1つで、それの「第三世代(比較的新しい)」の内服タイプのものを、このように呼んでいるのです。

 では、この経口第三世代セフェムにはどんな薬があるでしょうか。以下が代表的なものです。

  • セフカペン(商品名:フロモックスなど)
  • セフジトレン(商品名:メイアクトなど)
  • セフジニル(商品名:セフゾンなど)
  • セフポドキシム(商品名:バナンなど)
  • セフテラム(商品名:トミロンなど)

 けっこう見たこと・飲んだことのある抗菌薬が多いのではないでしょうか? それではなぜ、これらの「経口第三世代セフェム」は飲まない方がいいのでしょうか?

1/4 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.