日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」  > だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと  > 3ページ目
印刷

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

だいたいウンコになるので専門家に通称DU薬(DAITAI UNKO)とすら呼ばれる抗菌薬について知っておきたいこと

 北和也=やわらぎクリニック副院長

理由2:重症の下痢を引き起こすリスクがある

腸内細菌のバランスを乱し、やっかいな下痢を引き起こすことも。(© Katarzyna Białasiewicz -123rf)
腸内細菌のバランスを乱し、やっかいな下痢を引き起こすことも。(© Katarzyna Białasiewicz -123rf)

 読者の皆さんの中には「私は便秘気味だから、ちょっと下痢するくらいの方がちょうどいいのよ!」という風変わりな方もおられるかもしれません。

 しかし、抗菌薬が引き起こす下痢は、軽症の下痢とは限りません。

 これは第三世代経口セフェムに限らず、どの抗菌薬でも起こり得ることですが、抗菌薬を飲み続けると、大切な腸内細菌が死んでいく一方で、「クロストリジウム・ディフィシル」という菌が生き残って増えてしまい、毒素による腸炎を引き起こすことがあるのです。これによって下痢などが起きるのですが、やっかいなことに、この菌は便と一緒に排出されて、周りの人にもうつります。さらに、高齢者や免疫機能が落ちた人では、重症化して死亡することもあるのです。

 単なる下剤とは全く性質が異なることが分かると思います。

理由3:そもそも飲まなくても治っていたはず

 「いや、でもよ、今までこの薬でオレの感染症は治ったぜ!?」という方もおられるでしょう。でも、本当にこの薬で治ったのでしょうか?

 かぜの場合、本来なら

 『かぜ⇒薬を飲まない⇒勝手に治る』

 はずです。なのに、薬を飲んでしまうと、

 『かぜ⇒経口第三世代セフェムを飲んだ⇒だから治った』

 と、患者さんも医師も勘違いしてしまうことが多いのです。

 これを何度も繰り返せば、「経口第三世代セフェムすげー!」となってしまうというわけです。

抜歯後の予防的な抗菌薬は不要!

 経口第三世代セフェムは、治療のみならず、予防投与という形で処方されることがあります。傷口があるような場合に、「感染症を起こすかもしれないから、あらかじめ抗菌薬を飲んで細菌を迎え撃ってやろう」ということですが、これもたいていの場合は不要なんです。

 予防投与で経口第三世代セフェムがよく出されるのは、抜歯後ですね。実は、抜歯後に抗菌薬を飲もう!なんていう推奨は、どこを探したって存在しません(科学的根拠がない個人的推奨ならたくさんあるかもしれませんが…。詳しくは後編でご紹介します)。

 ただし、例外的に、予防的に(抜歯前に)飲む必要がある方もいます。心臓の病気で人工弁を入れていて、弁に菌がくっつくリスクが高い方などです。こうした場合、抜歯前にアモキシシリン(商品名:サワシリンなど)というペニシリン系の抗菌薬を内服すれば良いようです(*3)。

*3  Wilson W, et al. Circulation. 2007 Oct 9;116(15):1736-54. Epub 2007 Apr 19.

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.