日経グッデイ

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

かぜに抗菌薬は効かない!

そもそも“かぜ”ってなんやねん

 北和也=やわらぎクリニック副院長

医師 『“かぜ”ですねぇ

患者さん 『そうですか。いつも抗生物質を出してもらっているんで、今日も出しておいて下さい

医師 『う~ん。“かぜ”ですし、抗生物質は要らないと思いますよ

患者さん 『いや~××クリニックではいつも出してくれるんですよ! いつもそれで治っているんで、出しておいて下さい!

医師 『要らないと思いますけどね~

患者さん 『いや、絶対要るんです! だっていつもそれで治ってるんですから!

医師 『…分かりました、腸内細菌のバランスが崩れることもありますから、あまりお勧めしませんよ

患者さん 『大丈夫ですよ、お腹は強い方なんです!

(数日後)

患者さん 『下痢しましたわ~

医師 『そうですか~、大丈夫ですか?(…んもうっ、言わんこっちゃないっ!)

患者さん 『今日は“お腹の風邪”だから、抗生物質くださいね!

医師 『え! (全然懲りてないっっ!!)

 前々回(「クスリもリスク!?」)、かぜに対する安易な処方について物申させていただきましたが、今回はかぜに対する抗菌薬(抗生物質)についてのお話です。

 まず、一般的なお話をさせていただきますね。

かぜのほとんどはウイルス感染症!

 ご存じの方も多いと思いますが、かぜのほとんどは「ウイルス感染症」であり、「細菌感染症」ではありません!

 ウイルスと細菌ってどっちも微生物ですが、同じじゃないんです。細菌感染には抗菌薬は効きますが、ウイルス感染には一切効きませんので、ほとんどのかぜには抗菌薬は効かないし、要らないのです!!

 これって結構基本的なことだと思うのですが、知らない方も結構おられると思います。

 実際、クリニックで患者さんに対して、“かぜ”についてのアンケートをとったことがありましたが、“かぜ”には抗菌薬が必要と思っている方が大多数でした。

 ただ、興味深いことに、「かぜに抗菌薬は必要である」と思っている方々のうちの多くは、「もし抗菌薬は要らないと説明を受けて、実際に処方されなかった場合、不安に思いますか?」という質問に、「不安に思わない」と答えたんです。

 要は、抗菌薬が欲しいのではなくて、安心できる説明が欲しかったわけなんですね。安心できる説明が足りないがために、その埋め合わせに抗菌薬を欲していたのかもしれません。

 こんな世の中だから、みんな満たされたいんですよね。やっぱ「愛」ですよね…(しみじみ)。

 さて、多くの方が抗菌薬に対し「愛」を求めていたことが分かったところで、1つの問題が勃発していることに気付くのです。

 「そもそも“かぜ”ってなんやねん」と。

「かぜ」とは?

風邪の症状は「咳・鼻・のど」がメインで、比較的軽い。(©Theepatheep Kawinpathawee-123rf)

 かぜと一口に言っても、いろいろなウイルスが関与していて、中には細菌もごく一部関係しているともいわれています。でも、ほとんどの場合、抗菌薬は必要じゃないのです。

 それに、かぜってそもそも、「咳・鼻・のど」の症状が中心なので、その症状のいずれもないなら、それは「かぜではない!」。特に高熱だけの場合などは要注意です!

 逆に、比較的急に「咳・鼻・のど」症状が同じ時期に同じ程度で出てきたら、それは「かぜ」ですので、抗菌薬は不要です。

 つまり、医師がどうやって「かぜ」を認識しているかというと、「自然に治りそうな(比較的軽症な)、咳・鼻・のどがメインの症状」を「かぜっぽいな」と考えているのです。

 一方、たとえばのどがとても痛くて真っ赤に腫れて、高熱が出て、首のリンパ節がぐりぐり腫れて、咳や鼻水が一切ない、というときは、溶連菌(ようれんきん)などの細菌性咽頭炎のことがあり、この場合は抗菌薬が必要です。

 また、3日も高熱が続いたり、いったん良くなってきたのに高熱が出てきたり、という場合はかぜではありませんので、きちんと受診しましょう。

咳が長引けば抗菌薬?

 また、咳が長引くから抗菌薬という考えも間違いなんです。かぜだって4人に1人は2週間ほど咳などの症状が続くんです。あきらかに「咳・鼻・のど」から始まった「かぜ」なら、抗菌薬なんて不要です。

 逆に「咳」がひどくて高熱が続くようなら肺炎の可能性がありますし、微熱や寝汗や体重減少などがあれば結核やがん、特殊な慢性呼吸器疾患も考えなければならないかもしれません。

 いずれにしても、症状が強い場合は自己判断でどうにかしようとしないことが大切です。

抗菌薬で下痢?

 最後に1つだけ。

 この患者さんは下痢で2度目の受診をすることになってしまいました。

 なぜでしょう?

 実は、抗菌薬を飲むと、悪い菌もやっつけますが、体にとって必要な菌も一緒に殺してしまうんです!

 「体にとって必要な菌」の代表は腸内細菌です。腸内細菌は絶妙なバランスを保って腸の中で仲良く暮らしているらしく、抗菌薬の影響で、ある菌だけたくさん増えたり減ったりしてバランスが崩れると、体調を崩してしまうわけです。

 ちょうど琵琶湖に外来魚を放って、生態系に影響を与えてしまうことに似ていますよね!

 こうして起こる重篤な下痢症が命に関わることだってありますので、是非とも不要な抗菌薬の服用は避けたいところです。

 ぜひ、「風邪ひいた」→「抗菌薬欲しい」と安易に考えないようにしてくださいね!

注意)本連載は、医療否定を訴えるものではありません。必要な薬をテキトーに自己判断で中止するのはいけません!くれぐれもご注意いただければと思います。

北和也
やわらぎクリニック副院長
北和也 2006年大阪医科大学卒。府中病院急病救急部、阪南市民病院総合診療科、奈良県立医科大学感染症センターなどで主に総合診療・救急医療・感染症診療に従事。手足腰診療のスキルアップのため、静岡県は西伊豆健育会病院 整形外科への3カ月間の短期研修(単身赴任)の経験もあり。
現在は、やわらぎクリニック(奈良県生駒郡)副院長として父親とともに地元医療に貢献すべく奮闘中。3姉妹の父親で趣味は家族旅行。