日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」  > 「いつもの薬がほしいだけ!」は意外に怖い  > 2ページ目
印刷

Dr.キタカズの「意外に知らない!?くすりにまつわるエトセトラ」

「いつもの薬がほしいだけ!」は意外に怖い

無症状=診てもらわなくても大丈夫、ではない2つの理由

 北和也=やわらぎクリニック副院長

危険【1】え、この症状、薬の副作用だったの?!

 まず、飲んでいる薬の副作用が出ているのに、気づかずに見過ごしてしまう危険性です。薬の副作用がすでに出ているにもかかわらず、それに気付かずに、その薬をまた1~2カ月分出してもらったら…これ結構怖くないですか?

 気付いた時にはどえらいことになって、取り返しのつかないことに…! なんてめっちゃイヤですよね?

 「いや、そんなことくらい普通自分で気付くって!大丈夫!」

 という方もおられるかもしれません。でも実際は、結構気付かないものなんです。

 たとえば、「なんだか最近だるいな~」と思いつつ、「年のせいかな」で片づけてしまっていたところ、実はいつも飲んでいる薬の副作用だった、なんてことはあり得ることです。以下に、患者さんが「まさか薬の副作用だったなんて!」と驚かれたケースをご紹介しましょう。

まさか薬のせいで! 男性なのに乳房が女性化?!

 心療内科に通院中の中年男性が、「最近お乳が張って痛い」と相談してきたので、いろいろとお話をうかがったところ、どうやら飲んでいる薬の副作用による「女性化乳房」が原因だということがわかったのです。

 患者さんは、2~3年くらい、誰にも相談せずに放っておいたのだそうです。

まさか薬のせいで! 頭痛の薬で頭痛が悪化?!

 慢性頭痛に痛み止め(消炎鎮痛剤)を毎日内服していても頭痛がちっともよくならないと思っていたら、実は「薬物乱用頭痛」だった、ということもあります。

 薬物乱用頭痛は、鎮痛剤の使い過ぎによって起こる頭痛です。

 頭痛が起きるたびにロキソプロフェンなどの鎮痛剤を頻回に内服することで、さらなる頭痛を誘発していたわけです。

 「まさか、頭痛薬が頭痛を起こしていたなんて!」

 と、患者さんはびっくりするわけです。

危険【2】薬の量や種類を変えるタイミングを逃してしまう!

 「薬だけもらって帰る」が危ない理由の2つ目は、「たとえ自覚症状がなくても、薬の種類や分量を変更する必要が生じている可能性がある」ということです。

 薬の中には、血中濃度が一定の範囲を超えると重い副作用が出てしまうため、毎回採血して血中濃度をチェックし、用量を調節しなければならないものもあります。

 一方、症状がなくなってくれば、薬の量を減らしたり、もっと効き目のマイルドな薬に変更する必要もあります。それは患者さんにとってもうれしいことですよね?

 無症状=診てもらわなくても大丈夫、というわけではないのです。

 ということで、いつもの薬がなくなったら、面倒でも、ぜひかかりつけの医師の診察を受けて下さい!

 そして、このまま今のお薬を飲んでいれば良いのか、きっちり確認してみてくださいね!

注意)本連載は、医療否定を訴えるものではありません。必要な薬をテキトーに自己判断で中止するのはいけません!くれぐれもご注意いただければと思います。

北和也
やわらぎクリニック副院長
北和也 2006年大阪医科大学卒。府中病院急病救急部、阪南市民病院総合診療科、奈良県立医科大学感染症センターなどで主に総合診療・救急医療・感染症診療に従事。手足腰診療のスキルアップのため、静岡県は西伊豆健育会病院 整形外科への3カ月間の短期研修(単身赴任)の経験もあり。
現在は、やわらぎクリニック(奈良県生駒郡)副院長として父親とともに地元医療に貢献すべく奮闘中。3姉妹の父親で趣味は家族旅行。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.