日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 米国で「鉄欠乏性貧血」が増加、食品中の鉄分減少も関係?  > 2ページ目
印刷

話題の論文 拾い読み!

米国で「鉄欠乏性貧血」が増加、食品中の鉄分減少も関係?

過去20年間で、6割以上の食品において鉄分含有量が減少

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 鉄欠乏性貧血の指標であるヘモグロビン値と平均赤血球容積(MCV)の値は、男女ともに低下傾向を示し、年齢別では「成人男性」「成人女性」で低下傾向を示しました。

 年齢で調整した鉄欠乏性貧血関連の死亡率は、1999年から2018年の20年間に、米国人10万人あたりおおよそ0.04から0.08に上昇していました。一方で、鉄欠乏性貧血以外の貧血(再生不良性貧血など)に関係する死亡はいずれも、25%以上の減少を示していました。

6割以上の食品で鉄分含有量が減少

 一方、食事を介した鉄分摂取量はどう変化したのでしょうか。対象期間において、成人男性の鉄分摂取量はおおよそ6.6%、成人女性では9.5%減少していました。

 その理由を探るために、研究者たちはまず、食品に含まれる鉄分の濃度に変化がなかったかどうかを調べました。対象とした国民栄養データベースは食品成分に関する信頼できる情報源で、今回は、1999年の報告と2015年の報告を比較しました。すると、62.4%の食品において、100gあたりの鉄分含有量が減少していたことが明らかになりました。例えば、牛肉、豚肉、ターキー(七面鳥の肉)、とうもろこしや、多くの果物と野菜で鉄分が減少しており、卵、米、シリアルのような栄養強化食品などでは鉄分は増えていました。

 著者らは、米国人の食習慣の変化も鉄分摂取量の減少に関係している可能性があると考えて、米国でヘム鉄(肉や魚など動物性食品に含まれる鉄)の主な供給源となっている4種類の肉の摂取量の変化を調べたところ、牛肉の年間消費量は、1人あたり27.9kgから23.6kgへと15.3%減少していました。一方、豚肉の消費量はほぼ変化しておらず、鶏肉の消費量は、23.3kgから28.4kgへと21.5%増加していました。

 以上をまとめると、米国では1999年から2018年の間に、鉄欠乏性貧血患者が増加し、関連する死亡率も上昇していました。その原因は、米国の食品に含まれる鉄分の減少と、食習慣の変化により、食事を介した鉄の摂取が減少したことにある可能性が示されました。

 なお、米国で食べられている食品の87.3%は国内で生産されていることから、食品に含まれる鉄分の減少は、米国の農産物(家畜の飼料も含む)の鉄分含有量の減少を反映し、そこには、単位面積あたりの収穫量を増やす農法などが関係しているのではないか、と著者らは考えています。

 また、赤身肉や加工肉は健康に好ましくない影響を与えるという情報が、米国人の食習慣を変化させて、鉄欠乏性貧血を増やしている可能性も示されました。

 鉄欠乏性貧血は、日本人、特に月経のある女性にとってはなじみのある病気です。今回の結果は、食習慣によっては、男性でも鉄欠乏性貧血になることを示唆しました。定期的に健康診断を受け、貧血になっていないかどうかを確認すること、もし貧血が見つかったら、医師の指導を仰ぎつつ、鉄分摂取量を増やす努力が必要です。

 ヘム鉄の方が吸収性はよいといわれていますが、非ヘム鉄(ひじきやほうれん草などの植物性食品に含まれる鉄)でも吸収されやすくすることはできます(厚生労働省からの、貧血を予防するための食生活に関するアドバイスはこちら)。

 論文は、2021年4月10日付のThe Journal of Nutrition誌電子版に掲載されています(*1)。

大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.