日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 乳児期にペットと暮らした子どもは喘息になりにくい
印刷

話題の論文 拾い読み!

乳児期にペットと暮らした子どもは喘息になりにくい

家畜と触れ合った子どもはさらにリスクが低い、スウェーデンの研究

 大西淳子=医学ジャーナリスト

触れあっても大丈夫。(©Martina Osmy -123rf)

 家でペットを飼っていると、子どもが喘息になりやすい―。そんな説を耳にしたことはありませんか。

 一般に、ペットの毛や羽根、それらを餌とするダニなどは、喘息症状の悪化の原因になると考えられていますが、ペットを飼うと子どもが喘息を発症しやすくなるのかどうかについては、これまではっきりとした研究結果はありませんでした。

喘息発症を恐れて動物との触れあいを避ける必要はない

 そこでスウェーデンUppsala大学の研究者は、2001年1月1日から2010年12月31日までに同国で生まれた全ての小児(101万人強)の情報を分析して、1歳までの期間にペットや家畜と触れ合っていた子どもとそうでない子どもで、喘息になるリスクが異なるかどうかを調べました。その結果、動物との触れあいがあった(自宅で犬を飼っていた、親が牧場を経営していた、または親が牧場で働いていた)子どもの方が、動物との触れあいがなかった子どもに比べて6歳までに喘息になるリスクが低いことが分かったのです。

 まず、6歳時点で喘息と診断されている可能性は、家に犬がいた子どもの方が13%低く、家畜と触れあう機会があった子どもでは52%も低くなっていました。こうした傾向は、親が喘息だったかどうかにかかわらず認められました。

 次に、1歳までの間、家に犬がいた子どもと、そうでない子どもの喘息リスクに差が生じるタイミングを調べたところ、3歳以降に両者の喘息発症リスクに差が現れることがわかりました。一方で、家畜とふれあう機会があった子どもの場合には、1歳を過ぎて以降ずっと、そうした機会がなかった子どもとの間に差が認められました。

 小児喘息は、息苦しい思いをする子どもはもちろん、保護者の心労も大きく、周囲の理解が欠かせない病気です。特に、親が喘息を経験していると、子どもを取り巻く環境を神経質に整えがちになりますが、この研究の結果は、喘息になることを避けるために犬や家畜とのふれあいを避ける必要はなく、逆に歓迎すべきものであることを示しました。

 論文は米国医師会雑誌(JAMA)の小児科専門誌『JAMA Pediatrics』電子版に2015年11月2日に掲載されました。

大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.