日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 植物性たんぱく質に脳卒中などの予防効果か

話題の論文 拾い読み!

植物性たんぱく質に脳卒中などの予防効果か

高血圧がない人で特に大きなリスク減少、日本の大規模疫学研究より

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 30歳以上の日本人を対象にした大規模疫学研究で、大豆などに豊富に含まれる植物性たんぱく質の摂取量が多い人ほど、心筋梗塞や脳卒中による死亡リスクが低いという逆相関関係があることが明らかになりました。この逆相関関係は、特に高血圧がない人々において強くみられることも分かりました。

植物性たんぱく質は、大豆などの豆類や豆製品、ブロッコリーなどに含まれる。(c) Oleksandra Naumenko-123RF
植物性たんぱく質は、大豆などの豆類や豆製品、ブロッコリーなどに含まれる。(c) Oleksandra Naumenko-123RF

植物性たんぱく質の量と心血管疾患死亡リスクは逆相関関係

 日本を含む東アジアの国々では、西欧諸国に比べて脳卒中患者の割合が高く、血圧管理の重要性が高いと考えられています。これまでに、血圧の高さは植物性たんぱく質の摂取量と逆相関するという研究結果が報告されていますが、植物性たんぱく質の摂取量と、脳卒中や心筋梗塞などの心血管疾患のリスクの関係は明らかになっていませんでした。

 そこで、慶應大学衛生学公衆衛生学の栗原綾子氏らは、植物性たんぱく質の摂取と心血管疾患による死亡の関係について調べるために、NIPPON DATA 90(*1)という大規模疫研究の参加者の中から、条件を満たす人々を選びました。

 この研究に参加した時点では心血管疾患ではなかった7744人(平均年齢52.6歳、男性3224人、女性4520人)を分析対象にしました。それらの人々について、登録時に収集した連続3日間の食事記録に基づいて、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の摂取量を計算しました。1日当たりの植物性たんぱく質の摂取量の平均は、摂取エネルギー量の7.2%(植物性たんぱく質エネルギー比率)に相当しており、男性では7.1%、女性は7.3%でした。

*1 NIPPON DATA 90:1990年に始まった大規模疫学研究。日本の300地域に住む、30歳以上の一般住民を無作為に選んで追跡し、死亡と死因について調査している。

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.