日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 「運動をしてこなかった人は筋肉がつきにくい」は本当か
印刷

話題の論文 拾い読み!

「運動をしてこなかった人は筋肉がつきにくい」は本当か

同じ筋トレをして筋たんぱくの合成率を比較した結果…

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 運動経験がない高齢者でも、筋力トレーニングをすれば、若いころから積極的に運動をしてきた高齢アスリートと同じように筋肉量を増やせる可能性があることが、英国で行われた研究で明らかになりました。

運動経験のない高齢者は、若いころから運動をしてきた高齢者よりも筋肉がつきにくい?(C)nd3000-123RF

運動経験のない高齢者は、筋肉が増えにくい?

 人口に占める高齢者の割合が急速に増加している昨今、健康寿命を延ばすための有効な戦略を求める声が高まっています。骨格筋(骨格を動かす筋肉)は、身体機能を維持するために極めて重要であり、基礎代謝量とも関係します。

 骨格筋の量は加齢とともに減少し、筋力も低下します。この状態をサルコペニアと呼びます。サルコペニアは、加齢によるホルモン値の変化によって生じ、栄養不足、運動量の減少、肥満などによってさらに悪化します。また、サルコペニアになると、筋肉をつけるサイクルの働きが悪くなり、運動をしてたんぱく質を摂取してもなかなか筋肉がつかず、筋力は低下していくと考えられていました。

 では、サルコペニアを予防するために、これまで運動してこなかった高齢者が運動を開始したら、筋肉量は増えるのでしょうか。増えるとしたら、そのレベルは、若い頃から積極的に運動をしてきた人にかなうのでしょうか。

 このことを明らかにするために、英Birmingham大学のJames McKendry氏らは、これまでずっと運動してこなかった一般の高齢男性と、コンスタントに強度の高いトレーニングを行ってきた同年代の男性シニアアスリートに、どちらにとってもなじみのないレジスタンス運動(筋肉に負荷をかける動作を繰り返し行う、いわゆる筋力トレーニング)を行ってもらい、運動後の筋肉の増加率を比較することにしました。

同年代のアスリートと同じ運動を行い、筋肉の増加率を比較

 研究の対象になったのは、健康だが運動はしておらず、過去にもレクリエーションレベルを超えるトレーニングをしたことがない、60~80歳の一般高齢男性8人(平均年齢73.5歳)と、20年以上にわたり週に2回以上、持久力を高める運動を行ってきた、同世代のシニアアスリート7人(平均年齢68.9歳)です。

 初回受診時(0日目)に体格や血圧などを測定し、1回の加重スクワットで持ち上げることが可能な最大の重量(1RM)を計測しました。続いて、5日目に行うことになっているレジスタンス運動について詳しく説明しました。課題とするレジスタンス運動は、両群の参加者にとってなじみのないものを選びました。また、全員に、腰に装着するタイプの歩数計を提供し、日常的な活動をモニターしました。

 初回受診から72時間後の2回目の受診時(3日目)から、両群の食事の内容を同一にするために4日分の食物(糖質が55%、脂質が30%、たんぱく質が15%)を提供し、それだけを食べるよう促しました。

 そこから48時間後となる3回目の受診時(5日目)に、まず筋肉標本を採取してから、マシンを使ったレジスタンス運動を実施してもらいました。1RMの75%に相当する強度のレッグエクステンションを10回行うトレーニングを、2分間の休憩を挟んで6セット行い、1時間休憩してから再度筋肉標本を採取しました。標本は、局所麻酔をかけて大腿四頭筋の外側広筋から採取しました。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.