日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > ブルーライトは結局、目に悪い? 悪くない?
印刷

話題の論文 拾い読み!

ブルーライトは結局、目に悪い? 悪くない?

「失明」は杞憂、だが体内時計の遅れや目の疲れ、乾燥には関係

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 スマートフォンが広く普及し、事務作業にはパソコンが欠かせなくなった現代。朝起きてから眠るまでに、あなたはどのくらいの時間、液晶画面を見ていますか。画面から発せられるブルーライトを気にしたことがあるでしょうか。

ブルーライトはスマートフォンの画面が発する光に多く含まれている。(c)Jozef Polc-123RF

 ブルーライトとは、380~495nm程度の波長域の可視光線のことで、人間の目で見ることのできる光の中で最も波長が短く、紫から青色に見えます(波長が400nmより短くなると紫外線と呼ばれます)。太陽光にも豊富に含まれており、体内時計をセットする、気分を高揚させる、注意力を高める、といった利益をもたらしています。

 一方でブルーライトは、LEDを使ったパソコンやスマートフォン、タブレットなどのディスプレイからも発せられており、昼夜を問わずブルーライトを長時間浴びる生活が一般化しています。ブルーライトは、目に入るとほとんどが角膜や水晶体を通り抜け、網膜に達することが知られており、網膜への影響を心配する声もあがっていますが、ブルーライトが人間の目に特定の病気を引き起こすことを示した研究は、これまでのところありません。

 米国では、2018年7月5日にScientific Reports誌に報告された論文(*1)をきっかけとして、ブルーライトによる失明の危険性に対する不安が高まっていました。これに対し米国眼科学会(AAO)は2018年8月、「スマートフォンからのブルーライトは失明を引き起こさない」と題するメッセージを公開しました(*2)。

 この一連の経緯を少し詳しく見てみましょう。

実験は基礎研究で人間の目への影響は不明

 Scientific Reports誌に掲載された論文の概略は以下の通りです。

 この論文の著者らは、網膜に存在し、光を受け取る分子である「レチナール」に注目しました。レチナールはビタミンA活性を持つ物質で、光刺激の受容に必須です。まず、培養しているがん細胞の培養液にレチナールを加えてブルーライトを照射する実験を行いました。すると細胞膜が変形し、酸化による損傷が起きて、細胞死が起こりました。培養液にレチナールを加えなければ、また、ブルーライト以外の波長の光を照射しても、そうした変化は生じませんでした。また、強力な抗酸化作用を持つ天然のビタミンE(αトコフェロール)を培養液に加えると、レチナールとブルーライトによる有害な作用は抑制されました。

 これらの結果から著者らは、網膜に存在するレチナールがブルーライトを受けると、光感受性の細胞に細胞死を生じさせる可能性があると考えました。もしそうであれば、光感受性細胞は再生しないため、ブルーライトの害は蓄積されていくことになります。αトコフェロールは、年齢が若いうちはブルーライトによる細胞死を抑制するために役立つと期待されますが、加齢と共にαトコフェロールの量は減少するため、ブルーライトを長時間浴びている人は、徐々に加齢黄斑変性などの病気を発症し、視力の低下を経験するのではないか、と推定しました。


 ただし、この研究は、がん細胞株やさまざまな培養細胞を用いた基礎研究であり、実際に人間の目への影響を調べたものではありません。また、タブレットやスマートフォンから発せられるブルーライトが人間の目に入る状況を模倣した実験でもありません。得られたデータは、ブルーライトが目に悪影響を及ぼしうる仕組みの1つを示しましたが、そうした反応が、ブルーライトを浴びた人の目にも起こるかどうかはこの研究からは分かりません。

 論文の上席著者であるAjith Karunarathne氏自身も、インタビューに対して「この実験結果は、ブルーライトを発するスクリーンを見続けると失明することは示していない」と断言しています。

 こうした事実を踏まえ、同学会は、「ブルーライトを発するスクリーンを長時間見続けても、永続するダメージが目に及ぶことはないだろう」と明言したのです。では、ブルーライトは目の健康に何の悪影響も及ぼさないのでしょうか?

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.