日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > 日本食はやはり長寿に関係 よく食べる人は死亡リスクが低い  > 2ページ目

話題の論文 拾い読み!

日本食はやはり長寿に関係 よく食べる人は死亡リスクが低い

約9万3000人の日本人のデータを分析

 大西淳子=医学ジャーナリスト

日本食のスコアが高い人では総死亡リスクが14%低下

 約19年(中央値)の追跡期間中に2万596人(22.2%)が死亡していました。このうちがんによる死亡は7148人、心血管疾患による死亡が4990人でした。心血管疾患による死亡のうち、2600人は心疾患死(心筋梗塞などによる死亡)、1950人は脳血管疾患死(脳梗塞や脳内出血、くも膜下出血などによる死亡)と判定されていました。

 年齢、性別、BMI(体格指数)、喫煙習慣、飲酒習慣、運動習慣、摂取エネルギー量、降圧薬・脂質降下薬・血糖降下薬の使用、就労状況などを考慮して分析を行ったところ、JDI8スコアが高いことは、総死亡と心血管死亡リスクが低いことに関係していました。

 JDI8スコアが0~2だったグループを参照群とすると、スコアが6~8だったグループの総死亡のリスクは14%低くなっており、スコアが上昇するにつれて、死亡リスクは低下していました(表2参照)。心血管疾患による死亡のリスクも、スコア6~8のグループで11%低下していました。また、心血管死亡に含まれる、心疾患死亡と脳血管死亡についても同様の傾向が見られましたが、統計学的有意差が常に見られたわけではありませんでした。

表2 JDI8スコアと死亡リスクの関係
(Matsuyama S, et al. Eur J Nutr. Published online 16 July 2020.)
[画像のクリックで拡大表示]

 続いて、食材別に、摂取量が中央値以上だった人を中央値未満だった人と比較(牛肉と豚肉については、摂取量が中央値未満だった人を中央値以上だった人と比較)したところ、海藻、漬物、緑黄色野菜、魚、緑茶の摂取量が多い人では、統計学的に有意な総死亡リスクの低下が認められました(リスク低下は3~11%)。

 なお、著者らはJDI8スコアとがんによる死亡の関係も検討しましたが、有意な関係は認められませんでした。

 論文は、2020年7月16日付のEuropean Journal of Nutrition誌電子版に掲載されています(*3)。

大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.