日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 話題の論文 拾い読み!  > ベジタリアンには心疾患が少ないが脳卒中が多い  > 2ページ目

話題の論文 拾い読み!

ベジタリアンには心疾患が少ないが脳卒中が多い

約3万人を対象とした英国の研究、出血性脳卒中のリスクは1.4倍

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 3群の人々を2016年3月31日まで追跡し、必要な情報が得られた20歳から90歳までの2万8364人を分析対象にしました。18.1年間の追跡期間中に、4万8188人中2820人が虚血性心疾患を発症、うち788人が急性心筋梗塞と診断されていました。また、1072人が脳卒中を発症、うち519人は虚血性脳卒中、300人が出血性脳卒中と診断されていました。

 学歴などの社会人口学的特性、喫煙歴などのライフタイル要因を考慮した上で、肉を食べる人を参照群として、魚を食べる人とベジタリアンの虚血性心疾患や脳卒中のリスクを推定しました(表1)。

表1 食習慣と虚血性心疾患および脳卒中リスクの関係
表1 食習慣と虚血性心疾患および脳卒中リスクの関係

 虚血性心疾患のリスクは、肉を食べる人に比べ、魚を食べる人では13%低く、ベジタリアンでは22%低くなっていました。一方、脳卒中のリスクは、ベジタリアンで20%上昇し、特に出血性脳卒中が多く発生していました(43%上昇)。魚を食べる人では脳卒中のリスクに変化はありませんでした。

 ベジタリアンとヴィーガンを分けて分析すると、ヴィーガンでは、どの疾患についても、肉を食べる人と比較したリスク上昇または低下は見られませんでしたが、著者らは、「分析対象とした人数が少なかったことが原因かもしれない」と述べています。

 今回の研究では、魚を食べる人とベジタリアンの虚血性心疾患のリスクは、肉を食べる人より低いこと、一方で、ベジタリアンでは、出血性脳卒中とあらゆる脳卒中のリスクが高いことが示唆されました。

 研究者たちは「今後、別の集団を対象に、今回の研究の結果を確認すると共に、リスクに差をもたらしている可能性のある、LDL-コレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)や中性脂肪といった血中脂質の値や、ビタミンB12、脂肪酸などの摂取量を調べて、そうした疾患のリスクに影響を及ぼしているかどうかを検討する必要がある」と述べています。

 論文は、2019年9月4日付のBMJ誌電子版に掲載されています(*1)。

大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

先頭へ

前へ

2/2 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.